モントリオールで、出生証明書を発行するには?

LIFE

sponsored link



結婚の手続きにあたり、モントリオールで出生証明書を発行しなければいけなくなった!どこで手続きすればいいんだろう?

大丈夫!とても簡単で、発行にもさほど時間はかかりません。

モントリオールでの結婚式や、移民のビザ申請の際に必要になるのが出生証明書です。これはBirth Certificate(バース・サーティフィケイト)といって、モントリオールで発行してもらうことができます。

今回はその際に必要なもの、費用などを詳しく解説していきます!

出生証明書とは?

そもそも出生証明書とは、いつどこで生まれたのか、を証明する書類です。実はこの出生証明書という書類は日本にはありません。これは、日本でいう戸籍謄本にあたります。

モントリオールで結婚式を挙げる際に、この出生証明の提出が必須です。日本の戸籍謄本を、英語に翻訳してもらい、出生証明書として発行してもらうのです。

どこで発行できるの?

出生証明書は日本総領事館で発行してもらいます。この領事館は、正式に「在モントリオール日本国総領事館」といってホームページもあります。ホームページに出生証明発行の手続きの仕方なども載っているので最新の情報はここで確認してみましょう。

カナダには日本の領事館が4つ点在しています。バンクーバー、トロント、カルガリー、そしてモントリオールです。領事館は日本でいう市役所のような施設で、公的な手続きや何か事故に巻き込まれたときなど力になってくれます。4つのうちの日本領事館がモントリオール にもあるのは心強いですね!

在モントリオール 総領事館:https://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在モントリオール 日本国総領事館の基本情報

  • 住所:1 Place Ville Marie 3333, Montreal, QC H3B 3N2, Canada
  • アクセス:地下鉄ボナベンチャー駅から徒歩9分
  • 営業時間:9:00-12:30/13:30-17:00
  • 定休日:土曜・日曜
  • 電話番号:+1514-866-3429

総領事館は、Place Ville Marieというビルの33階にあります。エレベーターで33階に行くと、こじんまりとした総領事館があります。インターホンを押して、訪問目的などを伝えるとドアのロックが開くので中に入れます。

英語かフランス語で、
『I’m here to get a birth certificate』などでOK

中では簡単な荷物検査があるので、間違ってもナイフなどの刃物類は持ってこないようにしましょう。

在留届の提出義務

出生証明書の発行手続きの前に、在留届の提出が必須となっています。在留届が提出されていないと、手続きができませんので、領事館に行く前に済ませておきましょう。

在留届とは?

在留届は日本人が海外に3ヶ月以上滞在する場合に、提出しなければいけないものです。この提出は義務であり、領事館や大使館に提出が必要とされています。滞在先の住所やパスポート情報を提出することによって、領事館があなたがモントリオールに在留していることを把握できます。

モントリオールでの手続きや万が一事故に遭った場合など、スムーズに対応してもらうためにも、提出しておきましょう!

在留届の提出の仕方

インターネットから、5分もあれば提出できます。在モントリオール総領事館の窓口で、直接用紙をもらって提出も可能です。インターネットからの方が簡単で早いので、インターネットでの在留届の提出をおすすめします。

オンライン在留届:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

必要な書類・費用

さて、在留届も提出したら領事館に行って出生証明を発行してもらいましょう!必要な書類は以下の3点です。

  1. 証明書発給申請書
  2. パスポート
  3. 戸籍謄本

証明書発給申請書は、日本総領事館の窓口で直接もらい、提出することも可能です。また、在モントリオール日本国総領事館のホームページでも申請書のダウンロードができます。事前に印刷して記入しておくと1番スムーズです。

申請書に、申請理由や提出先の記入欄があります。わたしの場合、申請理由は結婚のため、提出先は裁判所で大丈夫でした。日本語でもOKです。

必要な費用

出生証明書発行のための費用は、14カナダドルです。また、クレジットカードやデビットカードは使えません。現金のみでおつりはないので、14カナダドルちょうど用意しましょう。

発行にかかる時間

出生証明書の発行を申請してから、約1週間〜4日ほどで発行されます。申請時に証明書引換券をもらうので、その引換券と14カナダドルを持っていきます。

領事館の窓口で英語の出生証明書がもらえます。これを裁判所に提出するわけです。裁判所での結婚式の手続きの仕方は、別の記事で詳しく書いてますので、チェックしてみてください!

まとめ

以上モントリオールでの、出生証明書の発行の仕方でした。簡単ですね〜。わたしは在留届を出し忘れていて、3回ほど領事館に行くハメになりました。すぐにできて簡単なので、モントリオールに着いたら先に済ませておくといいですね!

また、戸籍謄本は戸籍抄本でも可、と記載されていますが、戸籍謄本の方を日本から持ってくることをおすすめします。また発行後3ヶ月以内のものが有効になりますので、注意しましょう。

この後も何かと戸籍謄本が必要になるので、
2、3通持ってくるといいですよ。

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

↓ほかのブロガーさんもチェックできますよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link