フィリピンで25万円騙し取られた話〜トランプ詐欺とは〜

Philippines

sponsored link



勝手なイメージだけど、フィリピンはなんだか危なそう・・・。費用は安いけど、治安が心配で留学を決められない。実際はどうなの?

ズバリ、大丈夫です!フィリピンで詐欺に遭ったアホのわたしがお答えします。(説得力とは?)

5年前、フィリピン留学に行ったわたしは詐欺に遭いました。そんなわたしが「大丈夫です!」とか言っても、説得力がないかもしれませんが(笑)

今回は実際にわたしが遭った体験を踏まえつつ、フィリピンの治安について書いていきます!

フィリピンの治安は?

フィリピンは発展途上国です。セブ島やマニラなどの都会はとても発展していて、大きなビル群もあります。しかし、一本細い道に入るとスラム街のような場所もあるのがフィリピン。場所や時間帯によっては、治安が悪いところもたくさんあります。

中心地であれば、カフェやショッピングモールでインフラも整っているし、比較的治安はいいです。ところが、そんなセブ島の大きなショッピングモールでわたしは詐欺に遭いました。

フィリピンでよく日本人が遭う被害

フィリピンではいろいろな被害が報告されています。日本人や留学生をターゲットにしている詐欺集団もいるほどです。

被害1:スリ・ひったくり

これは、フィリピンに限らず海外ではどこでも起こりうることです。でもこの被害が本当に1番多いです。

特にジプニー(フィリピンのローカルバスのようなもの)に乗っている時に、財布や携帯をすられる、という被害をたくさん聞きます。わたしは、自分のカバンは常に前に抱きかかえるようにして乗っていました。貴重品から目を離さないようにしましょう。ポケットにiPhoneなんてもってのほかです。

被害2:タクシーのぼったくり

これも有名ですね。フィリピンでは電車や鉄道が発展していないので、タクシーを利用する機会が多くなります。

タクシー運転手が外国人相手に、高額のタクシー代を請求してきたりする事例がたくさんあります。乗る前にちゃんと金額を交渉するか、メーターを使っているか確認が必要です。

被害3:トランプ詐欺

その名の通り、トランプを使った詐欺です。知らないフィリピン人に話しかけられ、親しくなったところに家に来ないかと誘われます。家では、お金をかけたカードゲームをさせられ、最終的に高額のお金を巻き上げられる詐欺です。

まさにこれに騙されたわたし。このトランプ詐欺について、わたしの体験をシェアしたいと思います。

トランプ詐欺に遭った話(時系列)

わたしはある日、セブにある大きなショッピングモール、アヤラモールを歩いていました。そこでいきなり2人のフィリピン人女性に声をかけられることから始まります。

1:話しかけられる

あなたの髪色ステキ!
どこで染めたの?何色?

え?これは、日本で染めたので…何色か覚えてません。

声をかけられて最初びっくりしましたが、そこからいろいろ話していくうちに、だんだん楽しくなってきたわたし。「ローカルの人とたくさん英語が話せてラッキー!」くらいに思っていました。

実は、わたしの娘日本に留学に行くために、日本語勉強しているのよ。娘と友達になってくれない?

へーそうなんですかー!
もちろんいいですよ!

という具合に、まんまと家に連れ込まれてしまったわたし。バカですね〜。なんとでも言ってください〜(笑)女性だったこともあり、気を抜いてしまいました。

2:家に連れ込まれる

わたしは車に乗って、その人の家に行きました。今考えたら、フィリピン人が自家用車持ってるなんて、相当のお金持ちですね。車に乗っている間も、やたらと話しかけられて車酔いに。

これは、周りの景色や自宅までのルートを隠すためだと思います。家に着くと、一緒にランチをご馳走になりました。

みんなで記念に写真撮ってもいいですか?

それは、フィリピンでは失礼にあたることよ。写真は撮ってはいけないの。

え!そんなん初めて聞いたわ!とびっくりするわたし。写真も断られました。家の写真や顔写真を撮られないような工夫もしてたんですね。かろうじて、ランチだけ撮ってもいいと言われて撮った写真が上です。

3:カジノディーラー登場

日本に留学したいという娘さんは、病院に行っていて、2時間後に帰ってくるのだそう。しばし家で待つことにしました。そこに2階から、ある男性が降りてきます。長身で、西洋人っぽい顔立ちの男性。フィリピン人には見えませんでした。

彼は自分はカジノディーラーだと名乗り、ウォーターフロントというホテルで働いていると言いました。そこから話はカジノの話に。

昨日もホテルで働いてたんだけど、俺の常連客が昨日大勝ちしたんだ。彼は勝った儲けの5%を俺に譲ると言ったのに、たった3%しかくれなかった。俺はアイツ好きじゃないんだ。

はぁ・・・。大変でしたね。

俺の客、今日実はここに遊びに来ることになってるんだけど、アイツのこと負かせてやりたいんだ。一緒にやらない?絶対勝てるようにするから、心配ないよ。

え?うーんまぁ、ゲームなら別に、
いいですよ。

4:大富豪らしき男登場

数分後、大富豪らしき男性が現れました。キレイなスーツに、帽子をかぶった、60代くらいの人の良さそうな男性でした。

そこで、「ゲームしませんか?」と軽い感じでカジノ男が誘い、カードゲームをすることに。このゲームは完全なるイカサマなので、わたしが完全に勝っていました。大富豪の男性の表情がだんだん曇っていきます。

このカードゲームは、ポーカーのようなもので、賭けていたのはプラスチックのチップです。実際のお金は賭けていません。ところが、そろそろゲームも終盤というところで、大富豪の男性が現金を出してきました。

それも大量のアメリカドル。

「こんな札束初めて見たわ・・・。」とびっくりしていると

君も同じ額のお金を賭けないといけないよ。

と言われます。

しかし、わたしがそんな大金持っているわけありません。困ったようにカジノ男の顔見上げると、カジノ男もまた、困った顔をしていました。

5:高額のジュエリーを買わせられる

同じ額の金額(チップ)を賭けなければいけないのが、ポーカーのルールらしいです。カジノ男が、「とりあえず、今持ってる現金とクレジットカード全部出すんだ!」とわたしに耳打ち。

とりあえず、現金とクレカを提示して、

今手元にないですが、クレカにいっぱいお金あるんで、勘弁してください

と、頼むことにしました。しかし大富豪は納得してくれません。

僕は現金をこれだけ提示して、本気で賭けると言っているのに、これはフェアじゃない。君も同等のものを提示すべき!
この際現金でなくても、ジュエリーや電子機器でもよしとしよう。

そうしてわたしは、ショッピングモールに行き、高額のジュエリーを2個も買わせられることになりました。

総額日本円で25万円相当。

そうして高額のジュエリーを買ったのにも関わらず、大富豪の男性の賭け金には届きませんでした。

しょうがないから、また明日にしよう。僕はジェントルマンだからね。明日まで待ってあげる。このジュエリーと現金は、とりあえずこの金庫に保管しておこう。

そう言われて、わたしは学校の近くまでタクシーで返してもらいました。

騙されたあとの行動

わたしは自分の語学学校に戻って不審に思い、半信半疑フィリピンの詐欺について調べてみました。すると、出てくる出てくる、わたしと全く同じ実例が・・・。そこで初めて、

騙された!!!!

と、気付きました。(遅すぎィ!)

怒りに燃えまくると同時に悲しくなりました。なぜかというと、わたしはあの人たちを信じてたからです。アホなんですけど、本気でローカルの友達ができたと思っていました。わたしはあと2週間くらいで日本に帰国予定。「またフィリピンに来たときは、うちにおいで」とまで言ってくれて、本当に嬉しかったんです。

それなのに全部騙してたなんて!みんなグルだったなんて!

騙し取られたお金とジュエリー、明日取り返してやるー!

次の日も、10時にある場所で待ち合わせをしていたのでした。

できることは何もない

わたしの学校のオフィスに行って、遭ったことを全部話しました。すると、「残念だけど、私たちにできることは何もない」と言われてしまいました。

騙し取られたお金も、ジュエリーも取り返すことは不可能。そして、「明日の待ち合わせには絶対に行ってはいけない」と。

この件に関しては複雑で、まず警察に訴えること自体が難しいようです。わたしがやっていたことは、故意でなくてもギャンブル。そうなると、わたしが捕まる可能性もあるのです。さらにこの手に関しては、裏の根っこが深く、日本でいうヤクザが絡んでいることも多く、警察でさえも裏で繋がってることもあるのだそう。

そうなると、わたしの身の危険も危なくなるわけです。取り合えしたい一心で彼らに再び会いに行ったら、本当に危険です。

フィリピンは銃社会

フィリピンでは、警察はもちろん、セキュリティーガードマンの銃の所持が認められています。許可なしでは、所持できませんが、不正なルート使って銃を所有している人もいるのだそうです。

そのため、いつ誰が銃を所持しているかわかりません。わたしは詐欺師のフィリピン人の家にたった1人で行きました。もし、わたしが勘が鋭く、トランプ詐欺に気づいて逃げようとしたり、暴れていたら、簡単に口封じできてしまいます。

フィリピンをはじめ、発展途上国では命がとても軽く扱われています。人が1人死んでも、動いてくれない警察もいるのです。

フィリピン留学で気をつけるべきこと

とても悔しかったけど、本当に自分は迂闊だったと反省しました。このような詐欺の被害に遭わないために、気をつけるべき点を紹介します。

知らない人について行かない

これは、常識のある人だったら普通しませんよね(笑)でも海外に出ると気分が浮かれてしまって、いつも以上にフレンドリーになったり、オープンになったり・・・。(わたしです)

でもあなたは、フィリピンでは外国人。白い肌や明るい髪はよく目立ちます。ローカルの人と友達になりたい、と思う人はいっぱいいると思いますが、いきなり家に誘うなんて普通に考えたらおかしいですよね。そこはちゃんと見極めなければなりません。

ジプニーは利用しない

ジプニーは、安いフィリピンのローカルバスのようなものです。現地の人はよくジプニーを利用しています。ここでのスリやひったくりの被害がたくさん報告されています。なるべくタクシーを利用するのが無難です。

女性は1人で出歩かない

フィリピンでは、女性のレイプの被害なども報告されています。外国人の被害はめったに聞くことはありませんが、女性の1人歩きはおすすめしません。わたしも1人でショッピングモールを歩いていた時に、声をかけられました。女性は標的にされやすいです。数名で行動しましょう。

まとめ

以上、わたしのトランプ詐欺の体験でした。

もしかしたら、この記事を読んで怖くなってしまった人もいるかもしれません。でも正直、海外に出たらこのような詐欺はどこにでもあります。日本より治安のいい国はないのでは、と思います。それを気にしていたら、海外には行けないです。

わたしも被害に遭った1人ですが、基本的なことに気を付けていれば、防げることばかりです。25万円は大きな授業料になりましたが、フィリピンにはそれよりも魅力的なものがたくさんあります。

フィリピン留学がおすすめな理由:https://suzu-montreal.com/philippinesnbeforeworkingholiday

これから留学に行く人も、今している人も、安全でかつ楽しい留学生活を送れることを願っています。

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

↓ほかのブロガーさんもチェックできます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link