【ワーホリ・留学費用】280万貯めた私が貯金のコツを徹底解説【とりあえず100万貯めよう】

カナダ・モントリオール

sponsored link


ワーホリ・留学に行ってみたいけど、貯金が0!お金が貯めらない!最低いくら必要?貯金の貯め方を知りたい。

こういった疑問にお答えします。

私は当時、社会人で「手取り15万1人暮らし」でしたが、最高で280万貯めました。

留学やワーホリに行くなら、十分すぎる貯金額だと思います。

友達や知り合いに、

どうしてそんなに貯金できるの?コツを教えて欲しい!

と、よく言われたので、自分でもコツや実践してきたことを思い返してみました。

今回は、ワーホリ・留学をしたい人向けの貯金の仕方や、必要な資金について紹介、解説していきます。

ワーホリ・留学に必要な費用は100万円?

ワーホリの1年間で必要な費用は、だいたい100万円と言われています。

留学の場合は、期間によって異なりますが3ヶ月などの短期海外留学の場合は、約50万円〜80万円ほどです。

私の場合は、フィリピン留学に3ヶ月とカナダ・モントリオールにワーホリで1年行きました。私のように2カ国留学する人は、多めに150万円〜200万円の貯金があると安心です。

必要な費用はワーホリ先の国の物価や、行く期間によっても変わってきます。

現地で節約もできるので、人によってはワーホリに70万円や30万円の貯金だけで行った友人・知人もいます。

貯金100万円は、あくまで目安として考えてみてくださいね。

ワーホリ・留学の費用:1年で100万貯めるには

まずは、1年で「100万円貯めよう」と目標設定してみてください。50万円でも、150万円でもいいですが、目標金額と達成期間を明確にすることが大事です。

そして今口座にある貯金額から、あといくら必要なのか、毎月いくら貯金すればいいのか、逆算することができます。

単純に計算して、貯金0から1年で100万貯めるには、毎月8万〜9万の貯金が必要です。大きな額かもしれませんが、不可能ではありません。

しかし今のご自身の収入で、毎月10万円以下の場合は仕事を変えるか、掛け持ちで副業(バイト)を考えた方がいいですね。

私は当時、手取り平均16万円で1人暮らしでした。これでも全然貯金できました。

ワーホリ・留学の費用:貯金のコツ5つ

100万円貯金するには、コツがあります。

私が実践してきたことや、今だから思う貯金のコツをまとめました。

貯金のコツ1:目標金額を設定して逆算

繰り返しになりますが、明確な目標金額と達成期間をまずは設定してみてください。

ただ闇雲に「貯金するぞ!」と勢いよくスタートしても、漠然とし過ぎていて具体性がありません。

まずは目標金額を設定することで、毎月貯金するべき額が見えてきます。毎月その額を貯金するには、「どこを削ればいいのか」おのずをクリアになってきます。

とりあえずは最初は、わかりやすく「1年で100万円」がいいかも。

貯金のコツ2:家計簿をつける

アプリで一括管理できます

貯金できない人の特徴の1つが、「自分が何にお金を使っているのか」「自分の手元にいくらあるのか」把握できていない人です。つまり家計簿をつけていない人

家計簿をつけるのは実は結構大事です。自分の支出や収入を把握するのはもちろん、家計簿をつけることによって日々の支出を意識するようになり、無駄な支出を抑制する効果があります。

ダイエットでも、体重を測って記録することで、日々意識するようになり無駄に食べなくなるのと同じですね。

便利な家計簿アプリがたくさんありますので、活用してみてください。私のおすすめは「マネーフォワードMe」というアプリです。

マネーフォワードMe:https://moneyforward.com

銀行口座やクレジットカードを連携することで自動入力され、このアプリ1つで一括管理できます。

わたしは社会人1年目の頃、全部手書きで家計簿つけていました。今はアプリで一括自動管理の時代ですね。

▽最強の家計簿アプリ、マネーフォワードに関する記事はこちら

【使い方】家計簿なら「マネーフォワード」が最強です【資産管理】

貯金のコツ3:現金払いをやめる

クレジットカードをスマホに登録してあります
会計はスマホ1つで楽チンですよ♪

今やキャッシュレスの時代。現金ではなく、クレジットカードや電子マネーの決算を有効活用しましょう。

クレジットカードや電子マネーを家計簿アプリに連携すれば、使うたびにアプリに自動反映されるので、お金の管理もしやすいです。またクレジットカードを使うことで、ポイントも貯まるので一石二鳥です。

実は現金払いをしている先進国というのは、日本くらい。

海外では、クレジットカードやデビットカードの決算が主流です。

海外留学やワーホリに行く前に、日本でもキャッシュレスに切り替えて置くといいでしょう。

貯金のコツ4:大きな固定費を削る

小さな支出より、大きな固定費を削ってみましょう。主に家賃携帯代などです。

もし1人暮らしをしているのであれば、もっと安いアパートやシェアハウスに引っ越すのもありです。

最もいいのは、実家に住むこと。

もしあなたが仮に月に7万円のアパートに住んでいたとしたら、これだけで年間84万円の出費があることになります。そこに水道代や光熱費もかかってきます。

裏を返せば、この84万を節約できたらかなりの貯金ができるわけです。

わたしは1人暮らしで月4万円のアパートに住んでいましたが、途中から実家に戻って電車で会社に通うことにしました。電車の交通費は会社が出してくれるので、実家が最強でした。

貯金のコツ5:無駄なことで節約しない

重複してしまいますが、まずは大きな固定費から節約することが大事です。小さな支出は、いくら節約しても小さな効果しか生みません。

「飲み物を買わずに水筒で持って行く」「なるべく移動手段は徒歩にする」「1円でも安いスーパーで買い物する」などの、コツコツ節約を頑張る人が多いですが、これは効率が悪い上に、あまり費用対効果が得られません。

例えば、飲み物のペットボトルはせいぜい140円ほどです。これを買わずに節約したところで、月に3,000円ほどの節約にしかなりません。(例:140×22日出勤日数)

なので、手っ取り早く効率的に節約するのであれば、大きな固定費から削って、無駄な節約に時間をかけないことをおすすめします。

月に6,000円以上で、携帯代、スポーツジム代などかけていませんか?格安SIMに変更したり、近所の体育館のジムに行くなど、まずは大きな出費からまず見直してみましょう!年間すると大きな節約になります。

ワーホリ・留学費用:280万貯めるまで

わたしが280万貯めた当時は、社会人2年目で手取り16万のアパートで1人暮らし。アパートは月に4万円で、水道代や光熱費などもろもろの雑費を含めても固定費は6万円ほど。

それでも、毎月8万円〜10万円の貯金をしていました。もともと貯金が得意な方で、物欲もあまりなく、貯金や節約はさほど苦ではありませんでした。

わたしの場合、「この金額まで貯めよう!」という目標設定していなかったのですが、貯金が趣味のような人間だったので(笑)コツコツ続けていたら3年でいつの間にか280万円の貯金に。

この時実は、貯まったお金で両親を海外旅行へ連れて行き、それに100万くらい費やしました。

この旅行があったため、貯金額が300万円を超えることはなかったです。

海外旅行に行かずに、実家暮らしだったら400万くらい貯まっていた気がします。それにしても、海外旅行に両親を自腹で連れて行くとかいい娘ですね笑(自分で言う)
でも親孝行ができるくらいの貯金がその時ありました。

100万ほど費やした親孝行海外旅行のあと、フィリピン留学の資金で45万円の支払い。

そのあとカナダへワーホリに行きました。

そのためカナダワーホリ時のわたしの貯金額は、190万円ほどでした。

ワーホリ1年行くのであれば、十分な貯金額です。

【実話】突然の出費、フィリピン留学で25万騙された話

海外では何が起こるかわかりません。

事故にあったり、事件に巻き込まれたりする可能性も0とは言い切れません。そんな時の突然の出費のために、やはり貯金はあるに越したことはないです。

実際にわたしは、フィリピン留学で詐欺に遭いました。結果的に、日本円で25万円も騙し取られてしまいました。

汗水垂らして働いた貯金が、あっという間に騙し取られた時は、本当に腹が立ちました。しかし、「海外は何が起こるかわからない」を思い知らされた経験でもあります。

25万円騙し取られた後もカナダのワーキングホリデーに行けたのは、ちゃんと貯金をしていたからです。

フィリピンで詐欺に遭った話は、別の記事でまとめてあります。

不測の事態に備えて、貯金や資金は多めにあったほうがいいですね。やっぱり100万以上は貯金することをおすすめします。

【フィリピン留学】25万取られた私がトランプ詐欺を赤裸々に語ります

【ワーホリ・留学費用】280万貯めた私が貯金のコツを徹底解説〜とりあえず100万貯めよう〜まとめ

以上、ワーホリ・海外留学の費用の貯め方のコツでした。

とりあえず、100万円をまず目指しましょう。収支を見直して、大きな固定費を削ってみてください。

なんだかんだ言って、実家住みが最強です。

もしくは住み込みのリゾートバイトをするのもアリです。家賃もかかりませんし、がっつり稼げるのでワーホリ前の人に人気ですよ。

100万円くらいの貯金ができると、経済的にも精神的にも安定します。まずは1年で100万を目標に頑張ってください!

▼合わせて読みたい留学や貯金に関する記事!

【使い方】家計簿なら「マネーフォワード」が最強です【資産管理】

【カナダワーホリ】語学学校に通わずに安く英語を身につける方法

【カナダワーホリ】2019年最新おすすめの格安保険!〜費用を抑えるには?〜

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link