モントリオールで仕事探し〜1週間で見つかった話〜

Montreal

sponsored link



フランス語が話せなくても、モントリオールで仕事は見つかる?どうせカナダにいるなら、ジャパレスでは働きたくない。

フランス語が話せないと正直厳しいです。かつ英語も必須です。バイリンガルであることを求められます。と言っても実は、英語だけの仕事もあるんですよ〜。

モントリオールで英語学習することに関しては、問題ありません。英語の語学学校はたくさんありますし、英語学習者はたくさんいます。

モントリオールの英語留学に関する記事はこちら!→https://suzu-montreal.com/englishstudiesmontreal

ワーホリでモントリオールにいた時、仕事探しにとても不安がありました。フランス語なしで仕事ができるのか?今回は、モントリオールでの仕事探しについて書いていきます。

モントリオールでできる仕事とは?

せっかくカナダに来たのに、ジャパレスで働きたくなーい。

こういう人多いと思います。わたしもそう思っていました。でもここはバイリンガルの街。そのいらないプライドは捨てて、生活のためにまず働きましょう。英語もフランス語もペラペラなカナダ人には敵いません。

皿洗い・キッチン・清掃業

英語しかできない、日本人のワーホリや留学生ができる仕事は、レストランの皿洗い、キッチン、清掃業などです。これはスタッフ同士のコミュニケーションが英語でとれればOKです。

ウエイターやウエトレス

ウエイターやウエトレスは、接客業であるためフランス語も求められます。しかし日本食レストランであれば、高確率で仕事ができます。また、ローカルなレストランでも仕事ができる場合もあります。フランス語ができなくても、英語でしっかり接客、コミュニケーションがとれれば、雇ってくれるところもあるので、まず応募してみましょう。

わたしはモントリオールで、ウエトレスの仕事を探しました。ジャパレスでしたが、たった1週間で決まりました。チップや美味しいまかないが嬉しかったです〜。

ツアーガイド

これは季節限定になってしまいますが、日本人旅行者向けにツアーガイドの仕事があります。紅葉のシーズンの9月〜11月に向けて募集があり、日本人のワーホリの人が多く働いています。

カナダでの仕事の探し方

レジュメを配り歩くというやり方がありますが、これはあまりおすすめしません。求人を募集していない店に行っても意味がないですし、店のマネージャーが不在なこともしばしばあります。今の時代、紙のレジュメを配って歩くのは効率が悪いです。

メールで応募しよう

カナダにも求人サイトがたくさんあります。そこで気になった会社に、レジュメ(履歴書)を添付してメールを送りましょう。気になる会社は片っ端からメールを送り、興味を持ってもらえれば、返信や面接の日程が送られてきます。

最初はレジュメ配りしてましたが、結局見つかった仕事はほとんどメールからでした。

英語のエリアで探す

モントリオールには、英語とフランス語のエリアが存在します。もし、あなたが英語しか話せない場合、フランス語のエリアで仕事を探すのは効率が悪いです。移民や英語話者が多い地域を把握しておくと、仕事探しの時に役立ちます。

ダウンタウンやオールドポートなどは、観光客が多いため、英語を使う機会が多くなります。このダウンタウンを境に、東はフランス語、西は英語という風に大まかに分かれています。

英語しか話せないという人は、西側で仕事を探してみましょう。特にWestmount(ウエストマウント)、少し離れたWestisland(ウエストアイランド)では、仕事は見つかりやすいです。

仕事探しのコツ

フランス語や英語も大事ですが、仕事探しのコツがあります。フランス語が話せなくても仕事ができる可能性が増えます。

コツ1:日本での経験を生かす

「海外のカフェで働いてみたい」という人もいると思います。すでに働きたい職種が決まっているのであれば、日本でその経験を積むと、カナダに来た時に役に立ちます。求人のRequirement(必須条件)に「1年以上経験がある人」という項目がある場合も多いです。日本にいる間に、経験を身につけておくといいです。

コツ2:半年以上のビザ

ワーキングホリデーのビザは1年のみ。Requirementによく「就労ビザが6ヶ月以上ある人」という項目があります。半年は、結構あっという間に過ぎてしまうものです。なるべくビザの残りがある、早い段階から仕事探しを始めることをおすすめします。

コツ3:6月〜9月が狙い目

仕事には、閑散期というものがあります。特に接客業は冬の間、求人がほとんどありません。逆に夏になると繁忙期で、どのお店も人が足りていない状態です。夏に仕事探しをすると、仕事は見つかりやすいです。

日本に関わるビジネス

モントリオールには、少なからず日本企業や、日本向けのサービスを行っている会社があります。その会社は、日本語の話せる人材を探しています。

モントリオールは日本人が少ないこともあり、日本語が話せる人は貴重です。このような会社で翻訳の仕事や、コールセンターの仕事などができる可能性があります。また、日本語教師なども需要があります。その場合は、日本語と英語は必須ですが、フランス語はマストではないことが多いです。

レジュメをindeedなどの求人サイトに登録していたら、上記のような会社からオファーがありました。そのときわたしはバンクーバーにいたので、残念ながら仕事はできませんでした。

まとめ

モントリオールの仕事探しは難しいですが、仕事がないわけではありません。ただ、やりたい仕事がローカルの企業やオフィスワークなどの場合は、トロントやバンクーバーに行くのも1つの選択肢です。わたしは、ホテル業がしたかったので、バンクーバーに引っ越して、ホテルで仕事をしました。

どうしてもジャパレスはやりたくない!という人は、いっそ英語圏に行っちゃいましょう。でも、十分な英語力、タイミングやコネがあれば、モントリオールでもジャパレス以外の仕事あります!頑張ってください〜。

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

↓ほかのブロガーさんもチェックできますよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link