カナダ・モントリオールの気候・天気・服装と季節の観光スポット

カナダ・モントリオール

sponsored link


モントリオールは、カナダ第2の都市。

またフランスのパリに次いで、2番目に大きいカナダのフランス語圏です。

冬はマイナス30度にもなり、寒いことでも有名です。

今回は実際にモントリオールに住んでいた私が、気候・天気・服装と季節ごとにおすすめの観光スポットを紹介していきます。

この記事を読んでわかること
・モントリオールの1年間の気候と天気
・モントリオールでするべき服装や防寒対策
・モントリオールの季節ごとの人気観光スポット
・モントリオールに行くべきベストシーズン

春のモントリオール(4月・5月)

春のモントリオールは、4月と5月。

平均気温は、5度〜10度くらいです。

日中は暖かいですが、朝と夜は肌寒く感じることが多いです。

4月の上旬は雪が降ることもあります。

5月になるにつれて、だんだん暖かくなってきます。日本の3月・4月の春の陽気に近いです。

春のモントリオールの服装

気温の変動が激しいので、肌寒く感じたらすぐに羽織れるジャケットなどがあると1番いいです。

さっきも言ったように、4月の上旬は雪が降ることもあります。

この時期はまだ冬のコートを着ている人も結構います。

5月は長袖、長ズボンで上に羽織りものがあるといいですね。

春のモントリオール観光スポット(4月・5月)

メイプルシロップの収穫時期は春です。3月〜4月に収穫されます。

3月〜4月にかけて、メイプル収穫祭があります。「シュガーシャック」というメイプルシロップを収穫する作業場を、観光客向けに開放しています。

シュガーシャックでは、ケベックの伝統料理と一緒に採りたてのメイプルシロップを味わえます。ほかには、伝統的なメイプルシロップの収穫体験や、メイプル造りを見学できたりします。

▼詳しくはこちらの記事へ

【カナダ】3月・4月モントリオール春のメイプル祭り「シュガーシャック」

5月の下旬には、国際ビアフェスティバルがあります。

数百種類からなる世界中のビールが集まります。音楽と一緒に手作りのクラフトビールも楽しめますよ。

公式サイト:https://festivalmondialbiere.qc.ca/en/

夏のモントリオール(6月・7月・8月)

冬が寒い印象のモントリオール。

夏は涼しいのかな?と思いきや、結構蒸し暑いので注意。

近年の平均気温は、25度〜30度です。

これだけ暑いのに、モントリオールでは各家庭にエアコンを設置しているところは少ないです。

公共の施設や、ホテルなどは空調管理がされてますのでそこは大丈夫です。

ただし、地下鉄メトロはエアコンがついていないのが難点。地下は空気がこもって蒸し暑くなります。

▼地下鉄メトロは、モントリオールで1番便利な交通手段です。乗り方などは別の記事で解説しています。

知らないと損する!モントリオールの地下鉄の乗り方と注意点【元在住者が解説】

夏のモントリオールの服装

夏のモントリオールは、日本の夏にする服装で考えていいと思います。

日本までいかないですが、やはり結構蒸し暑いです。

半袖、短パンの人が多いですね。タンクトップの人もたくさんいます。

紫外線が気になる人は上に薄手の羽織ものなどあるといいです。

夏のモントリオール観光スポット(6月・7月・8月)

モントリオールの夏は活気があります。観光の繁忙期です。

ストリートにたくさんの出店が立ち並んで歩行者天国になります。

無料で観れるフェスティバルやコンサートがあり、街を歩くだけでも十分に楽しめます。

たくさんのイベントやフェスが開催されます。その中でも有名なものを下記にピックアップしました。

・モントリオールF1グランプリ(6月)
・モントリオール国際ジャズフェスティバル(7月上旬)
・モントリオール国際花火大会(7月上旬)
・野外ロックフェス「オシアガ」(8月)
・祭りジャポン(8月)
・モントリール世界映画祭(8月下旬〜9月)

8月には日本のお祭り「祭りジャポン」があって、浴衣を着た人やコスプレをした人などが集まります。たこ焼きやかき氷の屋台もあって、まさに日本のお祭りです。

▼関連記事

【カナダ】モントリオールでおすすめ日本の祭りイベント3選!【6〜8月】

秋のモントリオール(9月・10月)

9月になると少しずつ肌寒くなってきます。

平均気温は、10度〜15度です。

10月になるとさらに寒くなってきます。

10月の中旬くらいから平均気温は10度以下になります。

秋のモントリオールの服装

※実際の9月のモントリオールです

9月になると肌寒いです。10月はもっと寒くなります。

長袖、長ズボンにコートやジャケットがを着る人も多くなります。

10月は、マフラーや手袋などの防寒着もあった方がいいです。

秋のモントリオール観光スポット(9月・10月)

10月上旬の「モン・タンブラン」

秋のモントリオールは何と言っても紅葉が綺麗です。

中でもモン・ロワイヤル公園は、秋になると丘全体が紅葉し鮮やかです。園内に展望台があり、モントリオール市内を一望できます。

また、モントリオールから車で3時間ほどのところに人気の紅葉スポット「モン・タンブラン」があります。

タンブラン山の頂上までゴンドラが運行しています。山頂から見下ろす秋の紅葉の風景は美しく、世界的にも有名な紅葉スポット。

モントリオールやケベックの紅葉時期は、9月下旬〜10月中旬です。

▼合わせて読みたい記事

【カナダ】モントリオールで絶対行くべきおすすめの秋の観光スポット、アクティビティ5選!

冬のモントリオール(11月〜3月)

11月から本格的な冬になります。11月下旬からいよいよ雪も降り始めます。

モントリオールの冬は11月〜3月と長いです。

平均気温はマイナス5度〜マイナス20度。寒いなんてものじゃありませんね。

特に2月は寒さが厳しいです。

3月下旬くらいからやっと寒さは徐々に和らいできます。

冬のモントリオールの服装

冬の防寒対策はしっかり行いましょう。

絶対必須なのが、質のよいジャケットです。氷点下でも耐えられるダウンやウールのジャケットをおすすめします。

それからスノーブーツ。

手袋、帽子などあると尚いいです。

▼モントリオールに冬の服装、防寒対策を詳しくまとめた記事はこちら

【カナダ】気温マイナス30度、冬のモントリオールの防寒対策と服装を徹底解説!

冬のモントリオールの観光スポット(11月〜3月)

極寒ですが、ウィンターアクティビティーがたくさんあるのがモントリオール。

クリスマスマーケットや屋外・屋内スケート、イルミネーションのイベントなど盛りだくさんです。

モントリオール冬の1大イベントとして行われるのが「ルミエール」

光の芸術と食の祭典と言われています。冬には冬の魅力があります。

▼「ルミエール」の詳しい記事はこちら

【カナダ】モントリオールの冬を楽しむ!光の芸術と食の祭典「ルミエール」

モントリオールのベストシーズン

モントリオールのベストシーズンは、ずばり6月〜9月です。

6月・7月・8月は活気があり、イベントも盛りだくさん。

紅葉を楽しむのであれば、9月の下旬です。紅葉の色づきは、その年の気温によって違います。10月中旬が見頃なこともあります。

冬は寒さが厳しいので、個人的にあまりおすすめしません。

ただ、観光のピークシーズンは航空券が高いです。あえてオフシーズンの冬や春に行くのもアリかと思います。

ただし、防寒対策はしっかり。

▼関連記事

【カナダ】モントリオールの行き方・格安のおすすめエアラインを紹介!

カナダ・モントリオールの気候・天気・服装と季節の観光スポットまとめ

以上、カナダ・モントリオールの気候・天気・服装と季節の観光スポットの紹介でした。

私はモントリオールの夏が大好きです。

ただただ街を散策だけで、音楽ライブ、フードトラック、路上パフォーマンスを無料で楽しめます。

季節によって、魅力的な観光スポットやイベントが年中あるので、チェックしてみてください。参考になれば嬉しいです。

▼合わせて読みたい「モントリオール観光情報」

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

▼よかったらポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link