【カナダ】モントリオールで安くフランス語を勉強する方法5選!

FRENCH

sponsored link



せっかくだから、フランス語も勉強してみたい。でも語学学校は高いし・・・。なるべく安く勉強できる方法はあるかな?

モントリオールに1年半生活していたことがありますが、フランス語はあいさつ程度しかわかりません。(笑)でも、勉強する方法はたくさんあるんですよ〜。

カナダのフランス語圏で有名なモントリオール。しかし、バイリンガルの街とも言われ、フランス語なしでも生活できてしまいます。

でも、せっかくモントリオールにいるなら、フランス語も勉強したいですよね?この先も長くモントリオールで生活していくのであれば、なおさらフランス語が必要になってきます。

今回はなるべくお金をかけず、モントリオールでフランス語を勉強する方法をまとめました。

Mundo Lingo(モンドリンゴ)

Language exchangeは、外国語の学習者がお互いの言語を教え合うこと言語交換のことを言います。Mundo Lingo(モンドリンゴ)は、その大きなグループの1つです。

Mundo Lingoの特徴は、それぞれの言語のワッペンを服の見えるところに貼り、可視化しているところです。1番上に自分の母国語、それ以外の言語(話せる言語、学びたい言語など)は、その下に貼ります。一目でどういう人なのかわかるので、話しかけやすいですね。

また、Mundo Lingoは基本的に夜に開催され、会場もBarになります。飲み物などはもちろん実費になりますが、参加費などは無料です。モントリオールで夏の時期は週に3回くらい頻繁に開催されている、大きな言語交換のグループです。

Barですが、ナイトクラブっぽいところも結構あります。友達作りのきっかけになりそうですが、うるさいところが苦手な人はおすすめできないかも。しかし、モントリオールで1番大きい言語交換のグループで、たくさんの人が利用している有名なイベントです。

Mungo Lingo詳細情報

  • 名称:Mundo Lingo(モンドリンゴ)
  • 参加費:無料(飲食費は別途)
  • 住所:ダウンタウンのBar(日によって異なる)
  • 時間:18:00~(日によって異なる)
  • 公式サイト:https://mundolingo.org/city.html?cityId=3

C’est La Vie (セ・ラヴィ)

Meet up(ミートアップ)というコミュニティーアプリをご存知でしょうか?Meet upは、インターネットで共通の地域や趣味を持った人たちと、簡単にグループを作ったり、イベントなどを催したりできるネットサービスです。

このMeet upには、言語交換や言語学習のグループがあり、当然フランス語のMeet upグループも存在します。その中でもモントリオールの大きなフランス語のMeet upグループがC’est La Vie(セ・ラヴィ)です。

C’est La Vieは、毎週火曜日に、ダウンタウンにあるPresse Cafeというカフェで、フランス語のMeet upを行なっています。このカフェは、メトロのPeel Stationから歩いてすぐのところにあり、アクセスもよしです。

参加費は$2とお手頃で、ワンドリンクオーダーすることが決まりです。

コーヒー片手にリラックスして、フランス語の練習ができそうですね。まずはMeet upからグループに参加してみましょう。

C’est La Vie詳細情報

  • 名称:C’est La Vie
  • 住所: 1021 De Maisonneuve O., Presse Café
  • 日にち:毎週火曜日/17:15〜19:00
  • 参加費:$2+ワンドリンク
  • 公式サイト:https://www.meetup.com/cestlavie/

 The Bibliothèque et Archives Nationales du Québec (BAnQ) (ケベック州立図書館)

グループでのフランス語学習が苦手な方におすすめなのが、Language Laboratory (ランゲージ・ラボラトリー)です。Language Laboratoryは、視聴覚教材を活用した語学実習室です。モントリオールにある大きな図書館、 The Bibliothèque et Archives Nationales du Québec (BAnQ) (ケベック州立図書館)にて、このランゲージプログラムが利用できます。

個々に仕切られた20のパソコンスペースがあり、静かに集中して学習をしたい方はここがいいでしょう。

このプログラムの会員であれば、自宅からもアクセスが可能になります。また本を借りたり、施設を利用する場合は図書館のカードも必要になりますので、作っておきましょう。

図書カード作成時には、身分証明書や住所を証明できる書類が必要になります。

BAnQ詳細情報

Centre Saint-Louis (セントルイスセンター)

これはフランス語の学習センターです。この学習センターは、政府の教育機関により補助を受けているため、費用は普通の語学学校に比べて格安です。

2ヶ月間のコースで7月〜12月の間と、1月〜6月の間から選べるようです。料金は共に$40(日本円で約3,200円)とかなり格安です。そのほかテキスト代や諸々の経費を含めても約$55(約4,400円)です。

6段階にレベル分けがされ、フランス語初心者でも始めやすいクラスを選ぶことができます。

Centre Saint-Louis 詳細情報

Immigration-Quebec(ケベック州政府)

ケベック州政府は、移民に向けに無料のフランス語教室を提供しています。16歳以上で、モントリオールに移民した人であれば、誰でも無料でフランス語の授業が受けれます。

それどころか、フランス語クラス参加手当として、毎週なんと$185(日本円で約15,000円)が支給されます。これは、フランス語のクラスをフルタイムで取った場合に支給され、さらに交通費や育児費用も支給されます。

これは移民向けのプログラムのため、ワーキングホリデービザでは受けることができませんので、ご注意ください。

ケベック政府は、移民になるべくフランス語を勉強してほしいので、このようなプログラムがあります。金銭的なサポートもしてくれるのは、ありがたいですね。

Immigration-Quebec 詳細情報

【カナダ】モントリオールで安くフランス語を勉強する方法5選!まとめ

以上、モントリオールで安くフランス語を勉強する方法でした。モントリオールには、フランス語の学習方法がたくさんあります。グループで練習するか、個人で集中して勉強するか、自分にあったやり方を見つけてみてください。

格安で勉強できちゃうので、フランスに留学せずに、モントリオールにフランス語留学する人もたくさんいます。せっかくモントリオールにいるなら、フランス語も勉強してみては?

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link