モントリオールの裁判所で結婚してみた(手続きから流れまで解説)

LIFE

sponsored link




モントリオールでめでたくカナダ人の彼と結婚することになった!でもケベック州は、他のカナダの州とちょっとやり方が違うみたい・・・。まずどうしたらいいんだろう??

まずはじめに、ご結婚
おめでとうございますー!!!

わたしも(2019年3月)モントリオールで結婚しました。

結婚するにあたり、たくさん調べものをしました。ケベック州のモントリオールは、情報がとても少なくて大変ですね。バンクーバーやトロントの情報はたくさん出てきましたが、その記事を読むと、「ケベック州では異なります」といった記述がされていることも・・・。(笑)(州ごとに法律なども違うため)

今回は、実際にモントリオールで結婚したわたしが、手続きから必要書類まで、詳しく解説していこうと思います!

1.日本で結婚することの違い

まず、ここではカナダのモントリオールで結婚するということを前提に記事を書いていきます。日本で結婚することも、もちろん可能ですし、日本で結婚した方が実は手続きは簡単です。

日本では書類だけ提出して、結婚式は挙げないという人もいますよね?カナダで結婚をする場合、日本のように市役所に書類を提出するだけではできません。カナダでは、書類の提出と結婚式を挙げることが必須です。

挙式会場は裁判所か教会

結婚式を挙げるのが必須なんて、どんだけ費用かかるの!?なんて考えてしまいますよね。でも安心してください。結婚式といっても、とても簡易的なものなんです。その会場にもよりますが、30分もあればおわります。だいたいの人は、教会や裁判所で式を挙げますし、Notary Public(ノタリー・パブリック)といって、公証事務所を利用して式を挙げることもできます。

結婚式のあと、結婚証明書などの公的な書類の発行が必要です。教会や裁判所、Notary Publicでしか発行できません。

わたしは今回裁判所で結婚式を挙げました。

2.必要な書類

結婚するにあたり、各書類の提出が必要になります。最初に準備しておくといいです。必要な書類は、結婚式を挙げる会場によって異なります。今回わたしが裁判所を選んだのは、提出書類が1番少なくて済むからです。

手続きも裁判所が1番簡単なようです!

準備する書類

  1. 出生証明書(両者ともに必須)
  2. 日本の戸籍謄本(2枚)
  3. 申請書
  4. 証人者の身分証明書のコピー

それぞれ詳しく見ていきます。

まず出生証明書ですが、実は日本には出生証明書がありません。これは、日本でいう戸籍謄本にあたります。戸籍謄本は日本語であり、これを提出することはできないため、英語に訳して出生証明書として提出するのです。この手続きは、日本領事館で行います。

出生証明書の発行の仕方はこちら!→https://suzu-montreal.com/certificate

次に申請書は、裁判所のホームページにてダウンロードします。これに両者が必要事項を記入し、提出します。また、申請書には証人者(Witness)の記入欄もあるので、当人に記入してもらいます。また、裁判所に書類を提出する際に、証人者の身分証明書のコピーも必要です。

裁判所のHP:https://www.justice.gouv.qc.ca

3.証人者(Witness)って?

カナダで式を挙げる際に、証人者が2人必要になります。これをWitness(ウィットネス)といいます。証人者は、結婚する両者の知人である必要があります。

しかし、わたしが式を挙げた裁判所では、両者を詳しく知らなくてもいい、というような記述もあります。片方だけの知人や友人でも可という意味です。共通の友人や知人を探すのは結構難しいですよね。面識があるくらいで十分のようです。ただし、いとこや親などの親族は証人者になれません。

結婚式当日も証人者に来てもらう必要があるので、日取りは事前に証人者とも確認が必要です〜。その日は1日あけてもらいましょう。

4.予約を取りに行く

提出書類が揃ったら、裁判所に出向いて予約をしにいきます。結婚の日取りなどの面談をする必要があるためです。

わたしが行った裁判所では、面談の予約をするまでもなく、書類を提出してすぐその場で日取りが決まりました。式を挙げる会場は、1ヶ月先まで予約が埋まってる状態。式は1ヶ月半後に決まりました。

面談もなくすぐに決まってしまい、「あとは当日にまたここに来てください」と言われ、なんか不安・・・。面談は?

そんなわたしの不安を読み取ったのか、スタッフの方が引き止めてくれて当日の説明をしてくれました。本当は全部書類に詳細を記載されてあるので、それを渡すだけのようです。わたし、相当不安な顔してたんですね(笑)

裁判所によって面談があるところや、
ない場合もあるみたいです!

5.手続きにかかる費用

簡易的な結婚式なので、ものすごい額の費用がかかる訳ではありません。しかし、支払わなければいけないものは以下の2点になります。

出生証明書の発行

領事館で、日本の戸籍謄本を英語の出生証明として発行してもらいます。その費用で、14$かかります。日本円で約1300円ほどです。この費用は現金のみの支払いで、かつおつりは返ってきませんので、14$ちょうど用意する必要があります。

出生証明書の発行の仕方はこちら→https://suzu-montreal.com/certificate

結婚式の費用

裁判所にて書類を提出したあと、結婚式の費用として約316$の支払いが必要です。日本円で約3万円です。クレジットカードでも支払い可能です。

支払いが必須なのは、この2点のみです。トータルで約330$ですね。しかし、離婚歴がある人など、提出書類が他にもある場合は、書類の発行で費用がもう少しかかるようです。この費用はあくまで、裁判所で挙式をした場合にかかる最低の費用になります。

6.結婚式までの準備〜当日まで

日取りも決まっていよいよ結婚式ですね!

わたしの場合、結婚式当日まで準備するものは特にありませんでした(笑)簡易的な結婚式と割り切っていたためです。たくさんの人を呼ぶわけではなく、こじんまりと親族や本当に仲の良い友人のみ誘いました。会場は、30人〜50人まで収容可能です。

当日式場でできることって?

簡易的なものとはいえ、どんな結婚式にするかは人それぞれ。ドレスを用意したり、花束を用意したり、自分なりにアレンジできるようでした。でも飲食は厳禁です。

  • BGM(好きなCD持参)
  • 指輪交換
  • Exchange of vows(誓いの言葉)
  • 友人スピーチ
  • 写真とビデオ撮影

などなど、時間を設けてくれます。もちろんやらなくていい、という人はやらなくて大丈夫です。わたしたちは何ひとつ用意してなかったので、とてもシンプルな結婚式になりました(笑)かろうじて牧師さんが友人にスピーチを振ってくれたので、助かりました。

急な無茶ぶりに答えてくれた友達、ありがとう!!(笑)

結婚式の流れ

当日は会場の裁判所に、予定時刻の遅くとも30分前には来る必要があります。私たちだけでなく、同じ会場で他にも結婚するカップルはたくさんいるようです。時間厳守です。

会場に着いたら、牧師さんと本人確認のためパスポートを確認。そのあと書類にサイン、書かれてある情報に間違いないか相互確認します。この時、証人者もIDの確認をされます。

牧師さんと確認がおわったら、さっそく新郎新婦入場です。このときBGMか何かあればいいのですが、何も用意してなかった私たち(笑)牧師さんが適当に結婚式用の曲を用意してくれていました。特にこだわりがなかったら最悪、用意しなくても大丈夫そうです。

新郎新婦入場あるの知らなかった(笑)
牧師さんありがとう!

入場したら着席し、牧師さんが夫婦になるための契りの言葉を述べます。いわゆる「誓いますか?」「はい、誓います」というやりとりです。これで、初めて結婚が成立します。

なに言ってるかわからなくても、とりあえず「Yes, I do」(誓います)って言っとけば大丈夫(笑)

そのあと、また書類に署名したりして結婚式は終了です。

7.結婚式のあとは?

この結婚式はとても簡易的なものなので、多くの人は結婚式あとゲストとディナーを一緒に食べたりします。確かに結婚式だけだと少し味気ないかもですね。

私たちも、結婚式のあとレストランでディナーを予約していました。親族と友人のみだけでしたが、ディナー代はこちらが全部負担というかたちでした。これは人それぞれです。

結婚式が終わると、結婚証明書が発行されます。発行されるのに、約1ヶ月はかかります。

まとめ

今回は、わたしの経験を踏まえて、裁判所での結婚の手続きや流れを紹介しました。教会やノタリーを利用すると、手続きは若干異なるため、公式のウェブサイトで確認することをおすすめします。

わたしは、結婚式にあまり熱い思い入れがなく、簡易的に済ませたいと思っていました。当日わたしの前と後のカップルは、花束やドレスをちゃんと用意していて、誓いの言葉もあって、盛りだくさんの結婚式。呼んでいる人数もたくさん。(そして焦り出すわたし!)

裁判所で挙げる簡易的な結婚式とはいえ、どんな結婚式にするかはそのカップル次第です。シンプルなものにして、改めて大きな結婚式を後日あげるのもいいでしょう。

あなたはどんな結婚式にしたいですか?
楽しみですね!

いつもありがとうございます。

\\\\   ランキングに参加しています!  ////

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link