モントリオールワーホリの持ち物〜もう1回ワーホリするなら〜

カナダ・モントリオール

sponsored link


もうすぐモントリオールに行くけど、何を持って行こう?冬が寒からやっぱり厚手のジャケット?

断言します。日本からジャケットは持ってこない方がいいです。キリッ

冬のモントリオールは−20度になります。

「防寒着をありったけ持って行かなきゃ!」

・・・なんて考えてしまいますが、持ってこなくて大丈夫です。

わたしもモントリオールにワーホリしました。

「またもう1回ワーホリするなら?」を考えて持って行くべきものをまとめました。

絶対に持っていく必要なもの

これがないとそもそも、「カナダに入国できません」というマストアイテムをまず、見ていきましょう!

  • パスポート
  • 航空券(E-Ticket)
  • 海外保険書(英語版)

海外保険書は、ワーキングホリデービザを取得する際に、空港にて確認されます。

1年間の保険に加入してないと、取得できない可能性もあるので、必ず加入しましょう。

貴重品類

  • 現金(カナダドル)
  • クレジットカード2枚以上

現金は実はマストではありません。

カナダはカード払いが主流なので、現金が必要な場面は最初滅多にありません。

クレジットカードは必須です。

VISAとMasterがあれば最強です。

わたしは現地に着いてから、ATMでカナダドルを下ろすので、日本からは持ってこないです。

基本的に日本で両替するのはレートが悪いです。

しかし、現金がなくて心配な方は、日本で1万〜5万ほどカナダドルに両替して持ってきてもいいでしょう。

残高証明は不要?

ワーホリの際や、長期滞在の時に、いつも念のために残高証明を持って行っていました。

なぜなら、長期滞在で生活していける資金があるのかの証明になるからです。

ところが確認されたことが1度もありません。

残高証明の発行は直接銀行に行かないといけないことも多く、発行にも500円ほどお金がかかります。

今は携帯のアプリで確認できるものもあるので、残高証明書の発行は不要です。

モントリオールに持って行くべきもの

ここからは、ないと困る、持って行くべきものをまとめてみました。

電子機器

  • パソコン
  • SIMフリー携帯
  • 各充電器

ワーホリを機に、パソコンを買おうか迷っていませんか?

パソコンはあると便利なので、購入することをおすすめします。

ワーホリビザ申請の際も必要だったと思いますが、現地でビザを変更する場合も必要になります。

(観光ビザに切り替えなど)

ワーホリは1年間ですが、そのあと観光ビザに切り替えてまた半年滞在することもできますよ。その際、パソコンは必須。またレジュメ作成の時もパソコンは便利です。

衣類と防寒着

  • 下着はあるだけ持っていく!
  • 1週間ほど着回せる衣服
  • ニット帽(持っていれば)
  • 手袋
  • マフラー
  • 靴(スニーカー・サンダル)
  • スーツもしくはフォーマルな服
  • 黒系の服一式
  • 浴衣

下着は着回せないので、なるべく多く持ってきましょう。

防寒着は上記のものだけで基本大丈夫です。あとは現地で調達します。

場所によっては、ドレスコードがある場所もあります。スーツやフォーマルな服があると便利です。

仕事によってはスーツや黒系の服を指定してくることもあります。

モントリオールには、毎年7月「祭りJapon」というフェスティバルがあり、たくさんの人が浴衣を着てきます。

わたしは浴衣を持っていなかったので、友人に貸してもらいました。自分の浴衣があるなら持ってくると楽しいかも。

日用品・化粧品

  • 化粧品・スキンケア用品
  • 日本の薬(鎮痛剤・酔い止め・風邪薬)
  • 洗濯ネット
  • 物干しハンガー

化粧品やスキンケア用品は、日本の製品を滞在日数分持ってくるのが1番いいです

こだわりがある人や、肌が敏感な人は特に。

(荷物になりますが)

モントリオールでも日本の化粧品は売ってますが、上の写真の通り、かなり高いです。

上の画像はモントリオールの日本製品です。デジャヴュのマスカラが2,500円くらいします。(日本だと1,000円〜1,500円)

カナダでは、洗濯物を干すという文化がありません。

乾燥機を使う人がほとんどです。

衣類も痛みやすいので、洗濯ネットを多めに持ってくることをおすすめします。

家の中で部屋干ししたい場合、物干しハンガーがあると便利です。

現地で調達すべきもの

「現地であまりお金を使いたくない」という方もいると思います。

しかし、現地で購入した方が安かったり、性能が良かったりします。

日本のジャケットは、正直モントリオールでは使えないかもしれません。

厚手のジャケット

冬用のジャケットは、現地のモントリオールで調達しましょう。

日本のジャケットよりとても暖かいです。

時期によってはセールをしていることもありますし、カナダのフリマサイトで安く売り買いしてることもあります。

冬用のブーツ

モントリオールにブーツは必須です。現地で購入した方が性能もよく安く手に入る場合があります。

衣類

下着以外の衣類は、欲しいものがあれば現地で調達するといいと思います。

実際かなりの量を持ってきたにも関わらず、着ている服はほとんど同じだったりします。

基本的には1週間着回せるくらいの量で大丈夫です。

特に冬は厚手のジャケットばかり羽織っているので、ジャケットの下の服はあまり気にしなくなります。

カナダのジャケットがぬくぬくなので、その下はTシャツだけ、なんて人も・・・。(わたしです)

まとめ

ということで、「もしまたモントリオールにワーホリに行くなら」を考えて、まとめてみました。

ブーツやジャケットは現地で購入するのをおすすめします。何より重いしかさばるし、いいことありません。

これからモントリオールにワーホリする方、パッキング頑張ってくださいね〜

いつもありがとうございます。

\\\\   ランキングに参加しています!  ////

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、5年間の遠距離を経て国際結婚。2020年コロナの中、配偶者ビザを取得し、現在は福岡でカナダ人の夫と生活しています。 未経験から福岡のWeb制作会社へ転職。Webライティング、WordPress更新等を担当しています。並行してWebデザインやIllustrator・Photoshopも勉強中。記事の執筆などのお仕事のご依頼は、お問い合わせからお気軽にどうぞ。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link