モントリオールワーホリおすすめしない理由【こんな人は向いていない】

カナダ・モントリオール

sponsored link


カナダでワーホリしたいけど、どの都市にするべきか悩んでいる。モントリオールが気になるけど、フランス語がネックで決めかねている。実際のところ、モントリオールでワーホリはどうなの?

このような疑問に答えます。

カナダのフランス語圏モントリオール。第2の都市でありながら、バンクーバーやトロントに比べたら情報が乏しいように思います。

ネットにはモントリオールワーホリをゴリ押しする都合のいい情報しか載っていないことが多い。

今回はモントリオールでワーホリしていた私が、ネットにはあまり載っていないモントリオールワーホリのリアルをお伝えします。

カナダ・モントリオールってこんなところ

カナダには9つの州があり、そのうちの東部のケベック州のみフランス語を公用語と定めています。モントリオールはケベック州の最大の都市です。

つまりモントリオールもフランス語圏。フランスの植民地だった頃の名残が残っていて、街並みもヨーロッパのように美しいのが特徴です。

しかしフランス語圏でありながら、英語も話せる人が多いことでモントリオールは「バイリンガル都市」とも言われています。

英語を学習しにくる留学生もたくさんいるため、語学学校もたくさんあります。

ここまで聞くと、おしゃれな街でフランス語もちょっと勉強できたりして、なおかつ英語も勉強できるなんて魅力的だと思う人もいるはず。

しかし実際はどうでしょう。

モントリオールワーホリをおすすめしない理由4つ

モントリオールは確かに魅力的な街です。

しかし英語学習が目的でワーホリを考えている方には、モントリオールを強くおすすめできません。

理由①:フランス語

モントリオールはフランス語圏です。しかし英語も話せるバイリンガル都市とも言われています。

確かにこれは間違っていないのですが、実際はフランス語しか話せない人も全然います。

歴史的な背景から、ケベック州はフランス語やフランス文化を守ろうという動きがあります。フランス語に固執する人や、英語話者に対して冷たい人も中にはいます。

特にモントリオールは「バイリンガル都市」と言われているだけに、フランス語の衰退を危惧する考えもあるようです。

そのため単純に英語を勉強しにきたワーホリの人たちは、フランス語が話せないことで苦労することが多々あるわけです。

ワーホリで来ている人の中には、フランス語どころか英語も全くの初心者という人もいるでしょう。しかし正直英語ですらまともに話せないようでは、モントリオールではさらに苦労します。

英語初心者で、英語を1から勉強しようという人にとってモントリオールは難易度が高いかもしれません。

【実話】本当にあった友人の実体験

モントリオールに住んでいたとき、韓国人の友達から聞いた話です。

彼女は韓国料理レストランでウエトレスとして働いていました。

あるお客が彼女にフランス語で注文しました。

彼女が「すみません。あまりフランス語がわかりません」というと、「なんでフランス語が話せないのにウエトレスしているんだ」と怒ったそう。

そしてなんとか注文を聞いて、オーダーされた料理を持っていったところ、

「こんなの頼んでない」「フランス語ができないから悪い」とさらに激怒。

でも彼女は確実にオーダーされたものを持っていったし、注文時に復唱もして確認したので間違っていないと確信があった。(注文時は英語)

「そのときは謝ったけど、あれは絶対にフランス語ができないからっていじわるされたんだと思う。」と友達は私に話してくれました。

このようにフランス語が話せない人に対する対応がキツい人がいるのも事実です。(少数です)

理由②:仕事が見つからない

これもフランス語関連になってしまいますが、仕事が見つかりにくいです。

ワーホリは短期留学と違って1年間の長期住むため、生活のために仕事をする必要があります。

しかしフランス語が話せないことにより、仕事探しが他のカナダの都市より難しいです。

「海外のレストランやホテルで働いてみたい」「おしゃれなカフェで接客してみたい」という希望があっても、英語はもちろんフランス語が話せない人にはかなり難しいでしょう。

フランス語が話せないワーホリができることと言えば、(特別なスキルがない限り)キッチンやディッシュウォッシャーなどの裏方の仕事になることがほとんどです。

英語や海外での仕事経験にフォーカスしたい人は、モントリオールをおすすめしません。

理由③:外食費が高い

モントリオールの外食費はとても高いです。

モントリオールのあるケベック州の税金は、約15%とかなり高め。トロントのあるオンタリオ州は13%で、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は12%です。

ほかの主要都市と比較しても、モントリオールの税収率は高いことがわかります。

その上レストランなどで外食すると、そこに15%〜20%のチップが上乗せされるわけです。

メニューに表示されている価格と、最終的なレシートの価格が違いすぎてびっくりすることも。

モントリオールでは外食はほどほどにした方がいいですし、金銭的に余裕のないワーホリの人にはおすすめしません。

理由④:とにかく寒い

カナダ東部のモントリオールはなんといっても寒い。

そして冬の期間がとっても長く、温度はマイナス30度に達することも。

そんな冬の間は外に出たくなくなりますし、家に閉じこもりがちになります。

「冬季うつ」という言葉があるほどです。

マイナス30度でも耐えられるジャケットやブーツ、防寒着を備えることが必須です。ちゃんとした性能の防寒着は値段もはるので金銭的にも痛いところです。

モントリオールワーホリに向いてない人はこんな人

私がモントリオールをおすすめしない理由4つを紹介しました。

まとめると、モントリオールワーホリに向いていないと思う人はこんな人です。

・英語が全くの初心者
・英語にしか興味ない人
・海外のホテルやローカルカフェで働きたい人
・金銭的にギリギリの人
・寒いのが苦手な人

1つでも当てはまったら、ほかの都市も検討した方がいいかもしれません。

モントリオールはほかの都市よりユニークで魅力的ですが、初心者には難易度が高いと思うのが私の意見です。

私がモントリオールにワーホリした理由

私は2014年にモントリオールでワーホリしました。

英語学習がメインでしたが、あえてフランス語圏のモントリオールを選びました。

理由は、みんなが行くようなありきたりなところに行きたくなかったのと、なんとなくモントリオールがほかの都市より異彩を放っていて魅力的に感じたからです。

本当にそんな理由からでした。

ワーホリの前にフィリピンで3ヶ月の語学留学をしていたので、「英語の初心者」ではなかったです。

基本的な英語は身についていたので、モントリオールで携帯の契約、銀行口座開設、アパート探しも全て自力ですることができました。

実は当初モントリオールには3ヶ月ほど滞在して、そのあとはバンフに行ってホテルの仕事をする予定でした。やはりフランス語が話せないと仕事探しが難しいと思ったからです。

しかし、突然気が変わってバンフに行く予定をキャンセルに。

3ヶ月の短期滞在を予定していたのですが、思いのほかモントリオールという街を気に入ってしまい、そのときにはすでに友達もいて、モントリオールで生活してみようと決意したのでした。

バンクーバーに引っ越し

モントリオールでは、結局8ヶ月ほど仕事をしながら生活しました。

運よくウエトレスの仕事をゲットし、友達もでき、充実していましたが、そのあとバンクーバーに引っ越しました。

理由は、「海外のホテルで働きたい」という目標を諦めきれなかったからです。

もともとはバンフのホテルで働く予定だったのを蹴って、モントリオールに残ることを決めたのは私です。モントリオールで生活すると決めた時点で、ホテルで働くという選択肢はなくなったも同然でした。

でもモントリオールで生活していく中で、

「英語圏だったらホテルで働けたんじゃないか」

「英語圏だったら、日本食レストランじゃなくてもローカルなカフェやレストランで働けるんじゃないか」

というモヤモヤが積もっていきました。

そこで、思い切って英語圏のしかも思いっきり西側のバンクーバーに引っ越したのです。

そして結果として無事にホテルの仕事を見つけ、働くことができました。

モントリオールにワーホリしてみて思うこと

モントリオールにワーホリしておきながらおすすめしないと言う理由は、モントリオールの生活はそれなりにハードだったからです。

フランス語が話せないことに劣等感を感じたり、英語を堂々と話せないという謎の後ろめたさもありました。

なので、バンクーバーにいた時は謎の開放感がありました。「思いっきり英語で話していいんだ!」という謎の開放感。(笑)

私は実際に、フランス語が話せないことで直接的に差別的なことを言われたり、批判されたりしたことはありません。

でも当時やっていたブログに「英語が話したかったらオンタリオにでも行け」とおそらくモントリオール在住の日本人の方にコメントをもらったことがあります。

正確にはこのような文面ではないですが、私の現地のフランス語を学ぼうとしない姿勢が気に食わなかったのかと思います。

私はモントリオールにワーホリして後悔していません。そしてモントリオールは本当に素敵な街で今も大好きです。

でも、これからモントリオールにワーホリに行く、もしくは迷っているという人には、ある程度大変であることを覚悟してもらいたいです。

モントリオールはこんな人におすすめ

モントリオールワーホリをおすすめしないと言ってきましたが、「こんな人にはおすすめ」と思う特徴をまとめてみました。

私が思うモントリオールはこんな人におすすめ、はこちら。

・英語がある程度もう話せる
・ワーホリ2回目
・フランス語に興味がある
・自立している
・ヨーロッパの雰囲気が好き

こんな感じですかね。

初めてのワーホリ、英語が全くの初心者には、モントリオールはやっぱりちょっと厳しい気がします。

英語を身につけた上で、フランス語も新たに勉強しようという人にはいいと思います。

モントリオールではケベック州政府より、フランス語を勉強している人に金銭的な補助があったり、格安のフランス語学習センターがあったりします。

▽参考記事

【カナダ】モントリオールで安くフランス語を勉強する方法5選!

あとは個人的に思うのは精神的に自立している人。

よくも悪くも、モントリオールの日本人はあまり多くありません。ただただワーホリを楽しみたい人はモントリオール向いてません。(ホリデー重視)

そもそもモントリオールを選んでくる日本人というのは、結構ストイックな人が多い傾向にある気がします。

モントリオールの情報は多くないですし、日本語のサポートサービスなどもほとんどありません。

なので海外で何かする時も、誰かに頼る前に自分で調べて自分でするという自立した人はモントリオールに多い気がしますし、向いていると思います。

モントリオールワーホリおすすめしない理由【こんな人は向いていない】まとめ

以上、モントリオールワーホリおすすめしない理由でした。

私がフランス語ができないのに、モントリオールに居座った理由は「街の雰囲気が好きだから」これに限ります。コンパクトで、それでいて都会で、ヨーロッパの雰囲気がまたおしゃれ。

あとはモントリオールの人は総じて優しい人が多かったです。

私がフランス語を話せないとわかると、すぐに英語に切り替えてくれました。正直これは人によるのでなんとも言えません。

「英語もワーホリも初心者では、モントリオールやめた方がいいかな?」と思った人もいるはず。

あえて難しい環境に自ら飛び込むのもアリだと思います。

ただはっきりしているのは、「ほかの都市より大変だよ」ってことです。

ワーホリ都市選びの参考になれば幸いです。

▽合わせて読みたい

【カナダ】モントリオールで安くフランス語を勉強する方法5選!

【モントリオール】1週間で仕事が決まった効率的な仕事の探し方とコツ

【カナダワーホリ】出国2週間前やるべき大事なこと3つ!

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link