【カナダデー】モントリオールでは引っ越しの日

Montreal

sponsored link



7月1日はカナダデーらしいけど、具体的にはなんの日なの?モントリオール ではどのように過ごすんだろう??

簡単に言うと、「カナダの誕生日」です!しかしモントリオール では、「引っ越しの日」と言われています。(笑)

もうすぐカナダデーですね!カナダデーでは、パレードや花火が上がって盛り上がります。カナダにいるなら、一緒にお祝いしてカナダデーを楽しみたいですよね。

でもわたしが住んでいたモントリオール は他の州と違って、ちょっと特殊な過ごし方をするようです。

今回は、カナダデーの簡単な紹介とモントリオール でのカナダデーの過ごし方をシェアします。

カナダデーとは?

カナダデーはカナダの日、つまりカナダの建国記念日です。毎年7月1日に制定されていて、この日は国民の祝日となります。

1867年7月1日に、カナダ連邦が誕生したとされており、今年(2019年)で、建国152周年を迎えます。

カナダデーのイベント、過ごし方

カナダデーは国民の祝日のため、ほとんどのお店や会社はお休みになります。過ごし方は人それぞれです。家族でゆっくりカナダデーをお祝いしたり、野外のイベントを友達と楽しんだりします。お店はほとんど閉まりますが、外では色々なイベントが催され、とても賑わいます。

パレードの行進

毎年カナダデーでは、パレードが行われます。各州や都市ごとに規模は違いますが、カナダのバンクーバーではたくさんの人がこのパレードを見に来ます。

パレードのほかにも、屋台が出ていたり、アーティストによる無料のパフォーマンスも行われているので、飽きることなく楽しめます。

みなさんそれぞれカナダの国旗やメイプルリーフをあしらったTシャツを着て来たり、カナダへの愛を感じる日です。

夜の花火

カナダデーではパレードと、そして花火が欠かせません。午前10時頃からパレードの行進が始まり、夜10時頃には花火が上がります。

モントリオールでは毎年Old Port(オールドポート)にて花火が上がります。

パレードを見て、フードトラック(屋台)で食べ物食べながら、夜になったら花火を見るという流れが過ごし方の王道かも?

モントリオールのカナダデー

もちろんモントリオールもカナダデーには、パレードがあり、花火も上がります。でももしかすると、他の都市に比べたらちょっとこじんまりとしたお祝いになりそうです。一体それはなぜでしょうか?

ケベックの日

モントリオールはケベック州に属しています。カナダは州により、法律や税収率が異なります。さらに、ケベック州には独自の祝日があるのです。

この祝日は「ケベックの日」といい、毎年6月23日、もしくは24日に制定されています。7月1日のカナダデーのちょっと前ですね。

ケベックの人々は、この「ケベックの日」にお祝いする人も結構多く、カナダデーはわりと静かに過ごすという人もいるようです。

モントリオールでは引っ越しする日?

特にモントリオールのカナダデーは、なんと「引っ越しをする日」とも言われています。

モントリオールでは、賃貸契約が7月1日までで切れることがほとんどで、カナダデーに一斉に引っ越しをするのです。

ダウンタウンではパレードがあり、Old Port(オールドポート)では花火が上がります。しかし、住宅街へ入ると様子が一変します。引っ越しするための家具や荷物が路上に広がり、引っ越し業者や荷物を運ぶ人が忙しくしています。

モントリオールの人は、6月24日(ケベックの日)にお祝いをして、7月1日(カナダデー)に引っ越しをする、という人が結構いるんです。ほかの州とちょっと違った過ごし方ですね(笑)

モントリオールの冬は寒くて長いので、夏の暖かいうちに引っ越しをした方が確かにいいですよね。

超盛り上がるオタワのカナダデー

モントリオールのカナダデーは、パレードも花火もあります。でも他の都市に比べると、ちょっと物足りないかもしれません。せっかくのカナダデー、「もっと盛り上がりたい!」という人には、オタワに行くのもアリです。

モントリオールの人も、カナダデーはオタワの方が盛り上がるので、この日はオタワまで行く人も結構いますよ。

カナダの首都オタワの本気

オタワは首都であり、行政機関が集中している都市です。これといったインパクトのある観光地はあまりなさそうですが、カナダデーのオタワは違います。

オタワの国会議事堂の前では、カナダの総督、カナダの首相など蒼々たるメンバーが集まり記念式典がとり行われます。パレードや花火はもちろん、カナダの空軍「Snow bird」によるエアーショーも開催されます。毎年とても迫力があり、圧巻のパフォーマンスとのことです。

モントリオールからオタワまでは車で約2時間。バスや電車が出ているので、日帰りでも十分行けちゃいます。

【カナダデー】モントリオールでは引っ越しの日まとめ

カナダデーは、「カナダの誕生日」でとても盛り上がる日です。バンクーバーやトロントのような都市では、毎年パレードや花火で盛りだくさんです。でもモントリオールでは、「引っ越しの日」(Moving Day)とも呼ばれていて、引っ越しに大忙しになる人もいます。

とはいえモントリオールでも、パレードや花火がちゃんとあり、楽しめますのでご安心ください。でも首都のオタワはこの日特に盛り上がるので、「もっと楽しみたい」という方は、2時間で行けるオタワもおすすめです。

それぞれの場所でカナダデーをお祝いしましょう〜。
みなさまHappy Canada Day!

いつもありがとうございます。

\\\\   ランキングに参加しています!  ////

↓他のブロガーさんのブログもチェックできますよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

sponsored link