【北京空港乗り継ぎ】エアチャイナ、格安で行けるモントリオール!〜所要時間、注意点など解説〜

Montreal

sponsored link



モントリオールへ行くのに、航空券を探している。エアチャイナが安いけど、ちょっと不安。実際はどうなの?北京空港でのトランジットもちゃんとできるだろうか?

北京経由のモントリオール行きは、とってもリーズナブル。でも、あまりの安さにちょっと不安になりますよね(笑)

モントリオールまで格安で行けるエアチャイナ。安いと6万で行けちゃいます。しかし実際はどうなのでしょうか?

今回は、実際にエアチャイナを利用してモントリオールに行ったわたしが、機内サービスやトランジットの際の注意点などまとめました。

エア・チャイナの相場

エア・チャイナ(Air China)は、中国の航空会社の1つで、正式名称を「中国国際航空」と呼びます。台湾のチャイナ・エアライン(China Airlines)とは異なるのでご注意ください。

エアチャイナの日本から北京経由のモントリオールまでの航空券の相場は、往復約60,000円〜100,000円です。モントリオールまでの航空券は、およそ100,000円〜160,000円。ほかの航空会社と比べても格安です。

エアチャイナは、主に北京空港を拠点としています。日本では主に、成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港から利用が可能です。

エアチャイナ詳細情報

  • 名称:エア・チャイナ(中国国際航空)
  • 加盟航空連合:スターアライアンスメンバー
  • 相場:60,000円〜(モントリオール行き)
  • 日本就航空港:成田・羽田・関空・中部
  • 公式サイト:https://www.airchina.jp

エアチャイナの機内サービス

「中国のサービスってなんだか不安・・・」と思っている人もいるかと思います。テレビやネットで中国のありえないサービス!のような紹介がされている時もありますよね。エアチャイナの評判も、ネットで検索するとそんなに高くなかったりします。実際はどうでしょうか?

機内食、サービス共によし

実際に乗ってみましたが、機内は思いのほか快適で、きれいでした。シートの感覚も窮屈過ぎません。機内のエンタテイメンのコンテンツも充実していました。

機内食もたまに「まずい」などの評価されたりしていますが、普通に美味しかったです。すごく美味しいとは言えませんが、そもそも機内食にはあまり期待しない方がいいですね。

日本から北京空港の間の便でも、残念ながら日本語を話せる客室乗務員の方はいませんでした。(少なくともわたしの乗った便は)ほとんどの場合、英語か中国語の対応となるようです。

中国のサービスに少し偏見があったかもしれません。でも、実際はストレスなく乗れました。あまり心配しなくてもいいかも。ただ、日本のようなサービスは中国に限らず海外で期待しない方がいいですね。

北京空港での乗り継ぎ

北京空港は中国の首都にある、中国で1番大きな国際空港です。大きな空港なので、乗り継ぎ時の移動や所要時間が気になりますよね。

荷物の受け取り

まず荷物に関してです。日本から北京経由でモントリオールに行く場合、その逆もそうですが、北京空港での荷物の受け取りは不要です。つまり、日本で預けた荷物は最終目的地(この場合はモントリオール)で受け取りになります。

乗り継ぎの時間がだいぶあったので、荷物を1度受け取りたいと申し出ましたが、それはできないとのことでした。必要なものは、手荷物に入れておきましょう。

乗り継ぎの流れ

北京空港に到着したら、「Transfer」(乗り継ぎ)の看板に従って進んでいきます。英語と中国の表記の看板があるので、わかりやすいです。

途中に指紋採取用の機械がありますが、これは中国に入国する際に必要なものになります。乗り継ぎだけの場合は不要です。

Transferの看板に従って進むと、「24時間以内の国際線/香港・マカオ・台湾への乗り継ぎ」という看板も見えてきます。乗り継ぎのゲートに進む前に、機械の審査があるので、そこに並びましょう。パスポートと搭乗券をかざして、顔写真を撮ります。

次に、機内持ち込み荷物の検査です。モバイルバッテリーやパソコンなどは事前に荷物から出しておくとスムーズです。

荷物の検査がおわったら、搭乗ゲートに向かうだけです。飛行機への搭乗は、30分前には始まるので、早めにゲート着いて待っているのがいいですね。

所要時間は、約1時間をみた方が無難です。乗り継ぎの時間が、1時間ちょっとあっても、思わぬ飛行機の遅延も予想されます。少なくとも2時間の乗り継ぎ時間のあるフライトを選ぶことをおすすめします。

エアチャイナ提供の無料のホテル

エアチャイナでは、長時間の乗り継ぎ時間のある国際線の搭乗者に対して、無料のホテルを提供しています。これは嬉しいサービスですね。

日本から北京経由のモントリオール行きは、往路もしくは復路のどちらかに、長時間の乗り継ぎ時間がある場合が多いです。(これも安さの理由の1つ?)フライトによりますが、17時間や24時間といった長時間の待ち時間があることもあります。

そんな時は、この無料のホテルを利用しましょう。

ホテル予約の仕方

無料のホテルを利用するには、ご自身でまず予約することが必要です。エアチャイナの公式サイトか、エアチャイナのコールセンター(日本語対応あり)で予約を行います。

公式サイト:https://www.airchina.jp/JP/JP/booking/hotels/

このトランジットホテルのサービスは、北京や上海そのほか4つの都市で利用できるエアチャイナのサービスです。北京空港では、提携している7つホテルから選ぶことができます。

ホテルの予約は出発の翌日まで受け付けてますが、ホテルの部屋数には限りがあります。特に繁忙期などは早めに予約をすることをおすすめします。

予約が完了すると、確認メールが送られてきます。実際にモントリオールから日本の帰りに、北京の無料のホテルを利用しました。別の記事でレポートを書いてますので、参考までに。

合わせて読みたい▽

エアチャイナ利用時の注意点

エアチャイナは格安で、機内も思ったより快適です。トランジットホテルも無料で利用できるので、航空券を節約したい方にはおすすめですが、注意点が多々あります。

注意点1:海外旅行初心者向きではない

上記でも書いた通り、長い待ち時間がある場合が多いです。無料のホテルもありますが、その煩雑な予約の手続きやそのホテルに行くまでも、大きな北京空港からだと結構大変です。

初めて1人で海外へ、モントリオールへ行く、という人には難易度が高いかもしれません。

注意点2:日本、英語が通じない

意外なのですが、これだけ大きな国際空港にも関わらず、北京空港は日本語はおろか、英語もなかなか通じません。中国語が話せたら1番いいですが、コミュニケーションを取るのは結構大変です。

もっというと、日本に比べたら、愛想のいい方もあまりいないので、塩対応に心が折れないように気をつけて下さい。(笑)

注意点3:北京空港でのWIFI利用

北京空港でWifiを利用するには、アクセスコードが必要になります。コードを取得するための機械が空港内にあるので、そこでパスポートをスキャンします。すると、アクセスコードが付与されるので、コードを入力してWifiが利用可能となります。

少し手間がかかるので注意が必要です。

注意点4:ネットサービス使用不可

Wifiをゲットしても、中国にはネット規制というものがあります。主に使えないのが、以下の3点です。

  1. グーグルに関わる全てのサービス
  2. Facebook. Instagram. Youtube. Twitter
  3. LINEなど

上記のサービスを通して、友人知人に連絡が取れないのは切ないですね。SNSの閲覧もできません。

言葉が通じにくいのと、厳しいネット規制。海外初心者の方には、ちょっと辛いかもですね。エアチャイナの北京経由、モントリオール行きは、あくまで屈強な上級者向けかも?

【北京空港乗り継ぎ】エアチャイナ、格安で行けるモントリオール!まとめ

以上、格安でいける、エアチャイナのモントリオール行きの解説でした。何度も言いますが、海外慣れしてる人にはおすすめします。初めての海外で長時間のフライトのあと、北京空港でトランジットして塩対応されたら、心が折れちゃいそうです。

でも機内サービスや機内食は、わりと快適でした。無料のホテルのサービスもいいですね。まぁ、ホテルもやはり無料なので、クオリティーは期待しない方がいいです。(笑)

海外で日本のようなサービスを期待するのはやめた方がいいですね。開き直りましょう!わたしは航空券を節約したい派なので、エアチャイナもどんとこいです。

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link