【カナダ】絶対行くべきモントリオールで人気のおすすめグルメとレストラン厳選5選!

カナダ・モントリオール

sponsored link


モントリオールに観光に行くけど、レストランはどこがおすすめ?モントリオールならではの、カナダ料理やケベック料理も食べてみたい相場やチップの文化も気になる・・・。

カナダに観光に来たからには、カナダならではの料理やグルメを食べてみたい!

また、カナダのケベック州のモントリオールは、ケベック料理を楽しむこともできます。

しかしたくさんレストランがあって、どこがいいのか迷ってしまいますよね。

今回は初めてのモントリオール観光で、ご当地のグルメが味わえる、おすすめの人気レストランの紹介と、さらに合わせてチップについても解説していきます。

モントリオールの人気レストラン:Schwartz’s(シュワルツ)

絶対外せないモントリオールで有名なグルメの1つが、スモークミートです。

牛のバラ肉をスパイスに漬け込んで、燻製(スモーク)にしたものです。

これをサンドイッチに挟んでマスタードと一緒に食べるのが、モントリオール流です。

このスモークミートサンドイッチで有名な老舗のレストランが「Schwartz’s(シュワルツ)」です。

モントリオール観光のグルメには欠かせない、超人気のレストランです。

人気のレストランのため、たいてい店の前に列ができています。

しかしながら回転率が早いので、案外早くお店に入れます

お店の中は忙しく慌ただしいので、ゆっくりのんびり食べたい方はテイクアウトするのもおすすめです。

ちなみにここは珍しく現金のみ。クレジットカードは使えないので注意してください。

Schwartz’s(シュワルツ)の基本情報

  • 名称:Schwartz’s(シュワルツ)
  • 住所:3895 Boul. Saint-Laurent Montréal QC H2W 1X9
  • 営業時間:8:00〜24:30(金・土は夜1:30まで)
  • 相場:スモークミート$10.45(約852円)
  • 評価:星4.4
  • 公式サイト:http://schwartzsdeli.com

モントリオールの人気レストラン:Burger Bar Crescent(バーガーバー・クレセント)

Burger Bar Crescent(バーガーバー・クレセント)は、ハンバーガーが中心ですが、他にもスモークミート、プティンなどのモントリオールのご当地グルメを提供しています。

その中でも特に人気なのが、

「Hangover Burger」(ハングオーバー・バーガー)

通称、プティン・バーガーです。

このHangover Burgerは、モントリオールのバーガーコンテストで見事1位に選ばれ、地元の人からも愛されている人気メニューです。

ハンバーガーにクラシックなプティンやベーコンを挟んだ、かなりボリュームのあるハンバーガー。

食べる前は、お腹をすかせておいたほうがいいかも?

大きなプティンバーガー!
あなたは食べきれるかな?

Burger Bar Crescent(バーガーバー・クレセント)の基本情報

  • 名称:Barger Bar Crescent(バーガーバー・クレセント)
  • 住所:1465 Rue Crescent, Montréal, QC H3G 2B2 Canada
  • 営業時間:11:00〜23:00
  • 相場:Hangover Burger $19(約1,550円)
  • 評価:星4.5
  • 公式サイト:http://montrealburger.com

モントリオールの人気レストラン:Terrasse William Gray(テラス・ウィリアム・グレイ)

Old Montreal(旧市街地)の景色を食事と一緒に堪能するならここ!

Willam Gray Hotel(ウィリアム・グレイ・ホテル)というホテルが、Old Montreal(モントリオールの旧市街地)にあります。

そのホテルの8階の屋上テラスには、Terrasse William Gray(テラス・ウィリアム・グレイ)というおしゃれなレストランが併設されています。

このレストランでは、食事はもちろんのこと、8階のテラスから見えるOld Montrealの景色が最高で、Old Port(旧港)のローレンス川夜はライトアップされた観覧車などが望めます。

地元の人もちょっとしたお祝いパーティーや、デートなどに利用する人が多いです。ちょっと贅沢な気分を味わうには、最高のレストランです。

食事はしなくても、ちょっとおつまみとお酒だけ飲むなんてこともできます。

ドレスコードは特にいりません。カジュアルな服装で大丈夫です。

ホテルの滞在者でなくても、レストラン利用は可能です。

人気のレストランでかなり混み合います。事前に予約をしないとかなり待つことになりますので、公式サイトから予約をしておくことをおすすめします。

Terrasse William Gray(テラス・ウィリアム・グレイ)の基本情報

  • 名称:Terrasse William Gray
  • 住所:421 Rue Saint Vincent 8e étage, Montreal, Quebec H2Y 3A6 Canada
  • 営業時間:11:00〜23:00(金・土は夜1:00まで)
  • 相場:メインディッシュ$24(約2,000円)
  • 評価:星4.2
  • 公式サイト:http://terrassewilliamgray.com

モントリオールの人気レストラン:Les Enfants Terribles(レ・アンファン・テリブル)

引用元:Les Enfants Terribles 公式サイト
image by:Les Enfants Terribles official website

美味しい食事とダウンタウンの夜景や大パノラマの景色を堪能するならここ!

ダウンタウンの中心に、Place Ville Marie(プラス・ヴィル・マリー)という47階の高層ビルがあります。

これはモントリオールで1番高いオフィスビルで、展望台も併設されています。

その44階にあるガラス張りのレストランが、Les Enfants Terribles(レ・アンファン・テリブル)です。

このレストランは、「モントリオールで1番高いところにあるレストラン」と言われており、モントリオールの街並みを360度見渡すことができます。

外のテラス席もあり、夏のシーズンはとても気持ちいいスポットです。

少しお高いですが、食事はカナダのB級グルメのプティンから、シーフードメニューや、ベジタリアン向けの健康的なメニューまで豊富です。

このLes Enfants Terribles(レ・アンファン・テリブル)も繁忙期やランチタイム、ディナータイムが混み合いますので、予約が必要です。特に窓側席はすぐに埋まるので注意。

ドレスコードは要りませんが、カジュアル過ぎない格好をおすすめします。

Les Enfants Terribles(レ・アンファン・テリブル)の基本情報

引用元:Les Enfants Terribles公式サイト
Image by:Les Enfants Terribles official website
  • 名称:Les Enfants Terribles
  • 住所:1 Place Ville Marie Entrée, Boulevard Robert-Bourassa, Montreal, Quebec H3B 4S6 Canada
  • 営業時間:11:00〜22:30(曜日によって若干異なる)
  • 相場:メインディッシュ平均$30(約2,500円)
  • 評価:星4.1
  • 公式サイト:http://jesuisunenfantterrible.com

モントリオールの人気レストラン:Joe Beef(ジョー・ビーフ)

引用元:Joe beef 公式サイト
image by:joe beef official site

Joe beef(ジョー・ビーフ)はモントリオールのダウンタウンにある有名なステーキレストランです。

2005年のオープン当時は30席の比較的こじんまりとしたレストランでしたが、人気が出たことから2015年には席を75席に増やして改装しました。

今でもその人気は衰えず、2ヶ月先まで予約がいっぱいです。予約は、3ヶ月前からする必要があります。

また、今のところランチタイムはなく、ディナーのみです。(17:30〜)

このレストランは固定のメニューがなく、その時期のマーケットにある旬のものに合わせてメニューが変わります。

レストラン内にある黒板に今日のメニューが書かれてあり、日によって違います。

ステーキ店ではありますが、メニューの種類は豊富です。特にロブスタースパゲティーが人気ですが、時期によってはない場合もありますので注意。

Joe beefの予約が取れなかった場合、すぐ隣に姉妹店のLiverpool house(リバプール・ハウス)というカナダ料理レストランもあります。ここもかなり人気ですが、Joe beefよりは予約を取りやすいですので、トライしてみて!

Joe beef(ジョー・ビーフ)の基本情報

引用元:Joe beef 公式サイト
image by:joe beef official site
  • 名称:Joe beef
  • 住所:2491 Rue Notre-Dame Ouest, Montréal, QC H3J 1N6 canada
  • 営業時間:17:30〜22:00(日・月休み)
  • 相場:比較的高価(詳しくは不明)
  • 評価:4.5
  • 公式サイト:http://joebeef.com

【カナダ】おさえておきたいモントリオールのチップ文化

カナダにはチップの文化があります。

飲食店でのチップは、忘れてはいけないマナーの1つです。

チップは、基本レストランのウェトレスのサービスに対して支払われるものです。

原則ファストフード店や、テイクアウトセルフサービスなどのカフェではチップは不要です。

レストランでのチップの支払い金額の目安

モントリオールでは、金額に対して通常15%のチップを払うのが妥当です。

サービスや料理が格別よければ、20%〜25%支払うこともありますが、これは自身の判断になります。

カードで支払い時は、カードマシンにチップの支払い額が選択式で表示されます。

だいたい15%、18%、20%のようにパーセントで表示され、自身の満足度に応じて決めることができます。カード支払いのほうが、チップの煩雑な計算をしなくていいのでおすすめです。

さらにチップに加え、モントリオールの消費税は15%です。

メニューに表示されている金額と、最終のレシートの金額は消費税とチップを含めると結構変わるので注意してください。

カナダの外食費は日本に比べるとかなり高いです。最終のレシートを見ると思った以上に高くてびっくりすることも。

【カナダ】絶対行くべきモントリオールで人気のおすすめグルメとレストラン厳選5選!まとめ

以上、モントリオールで人気のおすすめレストラン5選でした。

モントリオールは、カナダの中でもレストランが本当に美味しいです。

オタワやトロントの友達で「同じカナダなのにモントリオールの方が美味しい」という人もいるほどです。

とりあえず、スモークミートプティンはマストなのでぜひトライしてみてくださいね。

外食費は高いですが、せっかくモントリオールに来たのなら、そこは惜しまず美味しい料理を堪能したいですよね。ぜひ参考にしてみてください!

▼合わせて読みたいモントリオールのグルメ・観光記事

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link