【生理のCMが嫌いな理由】あんなキラキラしてない件「生理忘れて楽しんでます♪」

THOUGHTS

sponsored link


こんにちは。すず(@suzu2191)と申します。

最近ブログの更新が遅れています。転職活動の真っ最中だから。

そして今日はよりによって生理で気分が上がらない。「有益な記事」を書ける気がしません。

今日はもう、生理にまつわる私の鬱憤をここに書き連ねたいと思います。(笑)

私はずっと生理のCMが嫌いでした。家族でテレビを見ていると、すごい気まずい気分になるから。今はあまり気にしないけど。

どうして気まずかったのか、どうして生理のCMが嫌いなのか、自分でも改めて考えてみました。そして私が思うこれからの日本の性教育に対する意見もシェアします。

私が生理用ナプキンのCMが嫌いな理由

私が生理用ナプキンのCMが嫌いな理由は3つ。

①家族と見ていて気まずい

②まず生理の日にあんなキラキラしてない

③あの青い液体が気持ち悪い

家族と見ていて気まずい

あの生理用ナプキンのCM、子供ながらに本当に嫌いでした。

もしかしたら、男兄弟がいる人あるあるかもしれませんが、

「なんで女はパンパースつけるん?」

ってガチで兄が聞いてたからです。

しかも本当に疑問に思っている、というよりはバカにしている感じ。ニヤニヤしながら母に聞くんですよ、私が横にいながら。

母は苦笑いって感じで、ちゃんと答えない。(これも悪いですね)

私はその時、「こいつ絶対わかって言ってるだろ」と思っていました。

その時私は小学5年生くらいで、生理が始まってました。

生理が始まったとき、「赤飯炊かなきゃ!」とおばぁちゃんが喜んでいたのを覚えています。

でも正直何がめでたいのか私にはさっぱりで、むしろ小学生ながらかなり絶望してました。本当に股から血が出るんだと。

とにかく生理になった自分も好きじゃなくて、それに気付かれるのもイヤでした。

だからCMが流れるたびに気まづくて、とにかくなんでこんなCM流すんだと疑問でした。

「生理忘れて楽しんでます♪」あんなキラキラしてない

よく生理用ナプキンのCMで、キラキラした女性が「生理忘れて楽しんでます♪」とかって遊びまわっているのがあるじゃないですか。

あれはあまり現実的ではないです。はっきり言って生理の日は普通に最悪です。肌も荒れるし、イライラする。

私の場合、生理痛はそこまで重くないのでまだマシですが、お腹が常にピーピーです。生理になるとお腹がゆるくなるのが特徴なようで、5分に1回はトイレに行きます。

なのでこの記事書いてる今も、お腹がギュルギュルで腹痛が来るたび集中力が途切れる。もういっそトイレでブログ書こうかと思うくらいです。(笑)

また私の友人は生理がかなり重く、貧血でフラフラだったり、1日中寝込むこともあります。

個人差はあるものの、生理の日はしんどいのが本音。

「痛みに負けるな!」「生理の日でも楽しめる!」とポジティブに描きたいのはわかるのですが、痛いのは痛い。

「生理の日は無理しなくていいよ」と気遣ってくれるようなCMはなぜないのか、シンプルに疑問です。

あの青い液体が気持ち悪い

よくナプキンのCMで使われるあの青い液体。

信じられないですが、男性の中には「女性は毎月青の液体でるんでしょ?」と勘違いしてる人もいると聞きました。

なんとも信じがたい変な誤解を生んでいるようです。(ごく少数のアホの人ですね)

確かにそのまま赤にしたらショッキングかもしれないし、それはそれで気持ち悪いですね。

しかしながら青でも正直見てて、あまり気持ちいいものじゃなかったです。吸収率の比較のためなんだろうけど。

「ドバッと経血でも安心!」とかってフレーズも、サラッとすごいこと言うよね。と思ってました。(笑)

日本の性教育への疑問

「日本の性教育は遅れている」とたまに聞きます。

海外ではどのような教育が行われているか私にはわかりません。

よく聞くのはかなり早い段階から性教育が始まり、高学年になるにつれてかなり踏み込んだところまで教育するのだそう。男女分けられることはなく、一緒に同じ教育を受ける。

私がはっきり覚えているのは小学校の高学年の頃。女子だけ集められて保険の先生に「生理」についての話をさせられたことです。

確かに男子がいると気になるし、恥ずかしいと思う女子のための、配慮からかもしれません。

しかし、「生理」や「性に関すること」をオープンに話せない1つの原因であるとも思います。

生理って自然現象なので仕方ないこと。それは何も隠すことじゃないし、恥ずかしいことではないと、教えてあげるべきですよね。

そして男子は「生理」について学べない。

「なんで女はパンパースするん?」なんて発言が出るのも納得です。

日本人男性はなぜ女性に優しくできないの?

全日本人男性を敵にまわしそうですね。(笑)

みんながそうではないのはわかっています。でも私の周りの男性・家族も含めて女性に理解がない人が多いです。(田舎だからね)

職場でも、家でも、女性だからと気にかけてもらったことはほとんどありません。

私のお父さんは典型的な昭和の男性で、家のことは何もしない人です。基本的にご飯も作らないし、掃除もしないし、味噌汁・ご飯も自分でよそわないでお母さんがやってました。(ちなみに母も働いてます)

日本は男尊女卑の国だと残念ながら思います。2020年の今でも。

私には夫がいます。彼はいつも私をリスペクトしてくれて気にかけてくれます。

こんなこと言いたくないですが、文化や教育の違いなのではと考えてしまう。

実は私の夫はカナダ人で、考え方も日本人とはかなり違います。レディーファーストが徹底されていて本当にびっくり。

「どうして女性に優しくしなきゃいけないのか?」

女性は体力的にも男性より劣ります。生理も含めて、体にまつわる問題もたくさんあります。社会的にも弱い立場の場合が多いです。

だから優しくしろ!なんて言ったら傲慢ですが、強い立場の人は、弱い立場の人に優しくあるべきと思います。

女性に優しくすることが恥ずかしいと思っているのか、やり方がわからないのか、すごいぶっきらぼうな男性が多い気がするんですよね。

もちろん優しい日本人男性もいますよ。私が運悪くあまり会えてないだけかもです。

生理の話から脱線してしまいました。しかし、日本人男性にちょっとぶっきらぼうな人が多いのは教育(性教育)も1つの原因。

ある意味男性は、この日本の教育の被害者なのではとさえ思います。

まとめ

以上、生理のCMが嫌いな理由と性教育に対する私の意見でした。

まさか今日生理になった話から、日本の性教育や男女差別の話に発展するとは思いませんでした。(笑)

でも私の意見はそんな感じ。今日はゆるいブログ。

とりあえず1記事書いた自分を褒めてやろう。

そして引き続き、転職活動も頑張ります!

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link