【ワーホリ女子】海外で気を付けるべきこと!変態はどこにでもいる

ワーホリ・留学

sponsored link


海外で日本人女性は軽く見られてると聞いたことがある。ナメられないために、どんな対応をしたらいいの?

ズバリ、毅然とした態度で臨みましょう。日本人女性をナメるな・・・。(メラ)

ちょっと前まで「日本人女性は海外でモテる」と、多く語られていました。

しかし、今や「日本人女性は軽く見られてる」という認識も強いのではないでしょうか?

実際は、どちらも事実です。

モテるならまだしも、軽く見られてるのも事実なんて、悔しすぎませんか。5年前、わたしがワーホリしていた頃も、たくさんの変態に遭遇しました。(笑)

わたしの経験も踏まえて、海外で日本人の女性が気を付けるべきことをシェアします!

日本人女性がモテる2つの理由

海外に行くと不思議なことに、男性に声をかけられることが多くなります。

日本人女性が人気なのはなぜでしょう?

日本人女性がモテる理由1:アジア人フェチの「Yellow Fever 」

Yellow Fever(イエロー・フィーバー)ってご存知ですか?

これは、アジア人が好きで、アジア人ばかり恋愛対象にしている人のことを言います。

「イエロー」は「黄色人種のアジア人」のことを指し、「フィーバー」は「熱」の意味なので、要は「アジア人にお熱な人」ってことですね。(個人的解釈)

とにかくアジア人の彼女が欲しいと思っていて、日本人もその対象です。

イエローフィーバーをこじらせている白人男性や非アジア人男性から、声をかけられる日本人女性がたくさんいるのです。

日本人女性がモテる理由2:とにかく日本人女性が好き

アジア人の中でも特定的に「日本人女性が好き」という人もいます。イエロー・フィーバーとちょっと違って「日本人」に特定されます。

日本人の女性は「男性を立ててくれる」「おしとやか」みたいなイメージを持っている外国人男性もいるようです。

そしてさらには、「日本人女性は断らない」とか「日本人女性は簡単についてくる」とか勘違いしている人もいます。

日本のアニメとか動画で、変なイメージが構築されているのかもしれませんね。普通にきもいです。

外国人の彼氏が欲しいという日本人女子

「国際恋愛いいなぁ〜」「外国人の彼氏いいなぁ〜」とか思っているそこのお嬢さん。気を付けて!本当に。

このような願望をお持ちの方は、謎の「外国人フィルター」がかかっていて、「外国人ならみんな素敵!」となってしまうことが多いのです。

でもよく見てください。

声をかけてくる半分くらいの男性は、よく見るとただの冴えないおっさんの場合が多いです。

現地の女の子には相手にされないけど、「英語がペラペラだから」という理由で留学生やワーホリ女子には、チヤホヤされる人だったりします。

見極めが大事

「外国人の彼氏欲しいな」って思うことは、そんなに悪いことではありません。

でも「外国人なら誰でもいい」は問題ありです。

それは、イエローフィーバーの人たちと一緒で、「アジア人なら誰でもいい」と一緒だからです。

「あなた自身がどういう人間かは興味ない」と暗に言われているようなものです。

純粋に「日本の文化に興味がある」とか「日本語を勉強している」という理由で、あなたに近づいてくる人もいます。そういう人とは、素敵な友達になれたり、はたまた恋愛に発展することもあり得ます。

本当に単純に「あなたと友達になりたい」とか、「あなた自身に興味がある」っていう方と仲良くなれるといいですね。

難しいけど、そこはちゃんと見極めないといけません。あなたを1人の人間として見てくれているのか、ただの「日本ブランド」としか見てないのか。

ワーホリ女子が海外でナメられないためのフレーズ

「日本人女性は断らない」

「簡単についてくる」

そんなイメージをいまだに持たれているなんて悔しいですよね?

もう2019年、日本人女性はもっと堂々とするべきと思います。

やたら褒めてくる人

海外でいきなり声をかけられて、容姿を褒めてくるような人っています。

「ついに私のモテ期キター!」となりそうですが、そこは冷静になりましょう。

「You’re so beautiful」
(あなたは美しい!

「Thanks」(はいどうも)

くらいの返しで大丈夫です。

無視したり、そこで過剰に「NO!」と反応しなくても、ここはさらっと流すのがいいでしょう。

1番ダメなのは、ニコニコ「Really?」なんて返しちゃうことです。(そんな人いないと思いますが)

連絡先を聞いてくる人

連絡先を聞いてくる人います。この人は怪しいな、と思ったら教えない方がいいです。

I don’t have my number here.
(電話番号持ってません

I’m busy.
(忙しいんで)

いろいろ回避の仕方がありますが、「あなたに興味ありません」というのを伝えましょう。

つきまとわれる、触られる

これはもう我慢しないで言いましょう。そしてあまりにもしつこかったら逃げてください。

Leave me alone!
(ほっといて!)

None of your business!
(あなたに関係ない!)

Get your hands off!
(触るな!)

「Don’t touch me」でもいいです。

とにかく我慢しないで言いましょう。無理にニコニコして何も言えない日本人女子たくさんいる気がします。

ニコニコしていると、「嫌がっていない」と勘違いされます。

こんなこと現地の女性には絶対しません。ぶん殴られますからね。アジア人及び、日本人は控えめでおとなしいってわかっているからするんです。

【実話】ワーホリで私が出会った変態の話

私がワーホリに行った時も、今回のような記事を読みあさり、「NOと言える日本人になる!」と意気込んでいました。

しかし実際その場面になると、なかなか言えなかったりするんです。この人は悪い人なの?いい人なの?だんだんわからなくなります。

日本人とばかり付き合うカナダ人

当時、カナダで無料の英会話クラブのようなものに参加しました。

そこで会ったのがインド系カナダ人。彼は親切な人で、私が別のアパートに引っ越す時も車を出して手伝ってくれました。

私たちは自然の流れで友達になりました。友達ぐるみでドライブに行ったり、食事に行ったり。

私は全く恋愛感情はなかったのですが、彼は別だったようです。

その時わたし自身彼氏がいたので、(今の旦那)ただの友達という前提で遊んでいました。当時はバンクーバーとモントリオールでカナダ国内遠距離をしている状態。

あるとき、恋愛の話になって、友達の彼は「今まで付き合ってきた女性はみんな日本人だ」と、話し始めました。

歴代の日本人彼女の写真を見せてきました。

その時点で軽くもう気持ち悪いですね。

そして、「今は君に興味がある」と言い出し、「俺は君と〇〇Xしたい」とストレートに告げられました。

あかん、コイツきもいヤツや。てかわたし彼氏いるって言ったじゃん。

このインド系カナダ人君は、私がモントリオールに彼氏がいることを知っています。

「君の彼はどうせわからないよ。僕と付き合ってくれたら、豪華なクルーズや旅行にも行けるよ。そうだ、今度シアトルに遊びに行こうよ。」

断ると態度が一変する

と、金で釣られそうになりましたが、恋愛感情は微塵もなく、全くかっこいいとも思えませんでしたね。

わたしは彼氏がいて、その人を愛してる。あなたとは無理

そう断ると、態度が一変。

そのとき一緒に食事をて、そのカナダ人がおごってくれたのですが、「さっきおごったお金全部返して」と言ってきました。

「君の日本人の友達紹介して」とも。

わたしはこのカナダ人のことを、普通に友達だと思っていました。

でも、わたしのことをただの「日本ブランド」としか思っておらず、日本人なら誰でもよかったのです。

しかも彼氏や旦那さんがいるとか、もうお構いなし。本当にその場限りの関係で、ただ遊びたいだけだったんですね。

やたら日本人にこだわる人や、日本人の彼女欲しいとか言ってる人とは、正直関わらない方がいいです。見極めって難しい。

【ワーホリ女子】海外で気を付けるべきこと!変態はどこにでもいるまとめ

ということで、ワーホリ女子が海外で気を付けるべきことでした。

世界中どこでも変な人はいるんです。海外でハメを外して、ホイホイついていかないようにしましょう。

わたしはワーホリ中に、今の旦那さんに出会い結婚しました。今の旦那さんも「日本大好き」な人です。

彼の友人が「日本が好きだからスズと付き合ったの?」

と質問したところ、

「好きになった人がたまたま日本人だった」と言っていたのを人づてに聞いて、嬉しくなりました。

外国人とか、国籍とか関係なく、「その人自身を見て、好きになってくれる人」と出会えると素敵ですよね。

いつもありがとうございます。

\\\\  ランキングに参加しています  ////

↓ほかのブロガーさんのブログもチェック♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link