【カナダ】これで安心!気温-30度、冬のモントリオールの防寒対策と服装を徹底解説!

Montreal

sponsored link



冬のモントリオールはとても寒いと聞いた。どんな服装がいんだろう?日本からジャケットを持って行った方がいい?冬に気軽に外を出歩いたりすることはできる?

わたしは寒いの苦手です・・・。ですが、モントリオールの冬は、ちゃんとしたジャケットがあれば大丈夫です!

カナダは「寒い国」というイメージがある方もたくさんいらっしゃると思います。その中でも東側にあるモントリオールは、とても寒い都市です。冬にモントリオールに行く予定のある人や、初めてモントリオールの冬を越す人は不安ですよね。今回は、マイナス30度にもなる冬のモントリオールでの過ごし方や、服装などを解説します!

モントリオールの冬・気候・温度(11月〜3月)

モントリオールの冬はとても長いです。11月の中旬から寒くなり、雪も降り始めます。気温は平均マイナス5度〜マイナス25度です。体感温度はマイナス30度になることもあります。

ただし、マイナス20度を超える日が毎日続くわけではなく、気温には変動があります。寒いことは変わらないですが、大きな寒波(Winter Storm)が全体を通して6日〜10日ほどあり、それを乗り越えればなんとかなります。外に出かける時は、気温をチェックして出かけるのが良さそうです。

モントリオールの雪はだいたい日本の雪国地方と同じくらいの積雪です。除雪も定期的に行われます。除雪する時には、告知の看板などが立てられて、除雪するストリートの車を移動する必要があります。車が停車してある状態のままだと、レッカー移動されますので注意です。

モントリオールの冬の服装・防寒着

モントリオールの冬は具体的に、どのような服装がいいのでしょうか?モントリオールの冬のおすすめのジャケットと必須アイテムを解説していきます。

超必須アイテム1:厚手のジャケット

ジャケットやコートは、現地で購入することをまずおすすめします。日本のものは、カナダでは使いものにならないことが多いですし、現地で買った方がお得だからです。

今現在(2019年9月)は、円高カナダドル安で、日本人がカナダでお得に買い物ができる状態でもあります。さらに現地でジャケットのセールなども行われますので、質のいいジャケットをお得に手に入れることができます。

有名どころで「カナダグース」などがありますが、これはカナダでもハイブランドで滅多にセールになることはありません。モントリオール発祥のおしゃれなブランドもあるので、現地でチェックしてみよう!

必須アイテム2:ブーツ

モントリオールの雪道では、ブーツも必須です。日本から持ってきてもいいですが、荷物になるのでやはり現地で購入がおすすめ。ブランドはいろいろありますが、SOREL(ソレル)UGG(アグ)などのブランドが人気です。

必須アイテム3:手袋

マイナス20度ともなると、手袋なしでは厳しいです。革の手袋をおすすめします。手袋は現地で買わなくても、日本から持ってきても荷物になりません。現地での出費を抑えたい方は、日本から持ってくるのもアリです。

必須アイテム4:ニット帽

モントリオールの冬の寒さは、ヒリヒリするほどです。耳が外に出ていると痛くなってきます。イヤーマフラーでもいいですが、耳まで収まるニット帽があれば1番いいでしょう。もしくは、ジャケットを選ぶ際にファーのある帽子が付いているものを選んだ方がいいです。

ちゃんとした防寒対策をすれば、マイナス20度でもジャケットの中はポカポカです。ジャケットやブーツは高い買い物になりますが、ここは惜しまず質の良いものを購入することをおすすめします。

モントリオールの冬の過ごし方のコツ

モントリオールの人は極寒の冬を、どのように生活しているんでしょうか?外に出る時の交通手段や、家の中の防寒対策も気になりますね。雪国ならではの防寒設備も紹介します。

家の中では半そで一丁「Central Heating」

モントリオールの家の中は、実は1日中ポカポカです。これは、Central Heating(セントラルヒーティング)という設備で、家の中全体を一定の暖かさに保つ暖房設備があるためです。なので、日本の冬でよくある「布団から出られない」「暖房をつけるまでが寒い」「浴室が寒い」などの温度差はありません。モントリオールの人は、冬でも家の中では半袖一丁の人も多いです。

地下街の中では半そで一丁「Underground City」

モントリオールには、大きな地下街があり世界最大と言われています。この地下街は全長30キロと言われており、地下鉄や各オフィスビル、ホテルと直結しています。現地の人はこの地下街を駆使し、地上に出ずとも移動が可能というわけです。もちろん地下街もポカポカで、人々はジャケットを脱いで半袖一丁になる人も多いです。大いに地下街を活用しましょう。

地下街は迷路のようです。これをマスター出来ればあなたもモントリオーラー!地下街を制す者はモントリオールの冬を制す!

地下鉄の中でもやっぱり半そで一丁「Metro」

モントリオールの主な交通手段は地下鉄です。モントリオールの地下鉄はMetro(メトロ)と呼ばれています。このメトロもやっぱり常にポカポカですので、半袖一丁の人も多いです。

バスもたくさん通っていますが、スケジュール通りに来ないことがほとんどです。寒空の下でバスを持つのはしんどいので、メトロがおすすめです。

▽合わせて読みたい

さすが雪国モントリオール!暖房設備が充実していて、日本の冬より快適に過ごせるかも?

モントリオールの冬で気を付けたいこと・注意点

モントリオールの冬は設備が整っていて、意外にも快適に過ごせそうです。しかしその快適さゆえに、気を付けたいことも実はあるんです。

注意点1:鬱になる率が上がる

冬の季節って、「なんとなく憂鬱になる」「気分が上がらない」なんてことありませんか?実はモントリオールでも、冬は鬱になる人がいるんだそうです。家の中はポカポカで、外は極寒なので、外に出たくなくなります。引きこもりがちになり、気分が沈んでいく人もいるのだそう。しかもこの寒い冬が3月まで続くと、本当に気が滅入ります。

そのため、家の中でできる趣味やアクティビティーを見つけたり、外でイベントがあれば出かけてみるなど、気分が塞ぎ込まないように工夫してみましょう。

実はわたしも鬱っぽくなったことあります。1日中家にいて、人と会話しないなんてこともありました。

注意点2:とにかく太る

家に引きこもりがちになり動かなくなるので、みるみる太ります。そして変わっていく体型に、気持ちが沈んでいくという負の連鎖です。家でヨガをするとか、ジムの会員になるなど、寒い冬でも体を動かすように心がけるといいかもしれません。

注意点3:膀胱炎に注意

実はモントリオールに来た日本人の方に多いのが膀胱炎です。これは体の冷えが原因で、引き起こることが多いです。症状としては、「頻尿になる」「排尿の後の痛み」「血尿」などです。

体の冷えやストレスで免疫力が低下し、膀胱の雑菌が増えて炎症が起きるようです。とにかく体を冷やさないトイレを我慢しないなど心がけてください。海外で医者にかかるのも辛いですし、デリケートな部分なので、発症しないように気を付けましょう。

わたしの友達も膀胱炎になりました。特に女性で冷え性の人は体が冷えやすいので気を付けて下さい。

モントリオールの冬のアクティビティー

寒い冬は家に引きこもりがちになりますが、外に出てモントリオールの冬を楽しめたらいいですね。冬に楽しめるイベントや、アクティビティーはどんなものがあるのでしょうか?

冬のアクティビティー:スケート

スケートはカナダの国民的スポーツの1つ。モントリオールでも、気軽にスケートが楽しめます。モントリオールのOld port(オールドポート)には、川が凍ってスケートリンクになるスポットがあります。近くに大きな観覧車もあり、夜はライトが点灯してインスタ映えなスポットでもあります。

公園のテニスコートなども水をまいて凍らせて、スケートリンクにしているところが多々あります。そこはスケートシューズがあれば無料でスケートが楽しめます。

冬のイベント:クリスマス・マーケット

毎年冬にモントリオールのダウンタウンで「Le Grand Marché de Noël de Montréal」(ル・グラン・マルシェ・ド・ノエル)という、クリスマス・マーケットが開催されます。

ストリートに屋台フードトラックが出て賑わい、ホットチョコレートなどの暖かい飲み物が頂けます。11月下旬〜12月下旬まで開催されている大きなイベントになります。

他にもメトロ駅のPlace des Art(プラス・デザー)の付近で冬ならではのイベントがたくさんあるので、チェックしてみましょう。

【カナダ】これで安心!気温-30度、冬のモントリオールの防寒対策と服装を徹底解説まとめ

以上、冬のモントリオールの防寒対策と服装の徹底解説でした。やはり寒いですが、設備がしっかりしていますし、防寒対策をしっかりすれば意外にも快適に過ごせます。そこまで不安になる必要はありませんよ。

冬のイベントもたくさんあるので、外に出かけてモントリオールの冬も楽しんじゃいましょう

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link