【カナダ観光】アートの街モントリオールで美術館巡り!お得な「ミュージアム・パス」を紹介!

Montreal

sponsored link



モントリオールに観光に行く予定。モントリオールは、アートの街と聞いたことがあるけど、おすすめのユニークな建築物や美術館があったら知りたい。

モントリオールには、ストリートのグラフィックアートや美術館がたくさんあり、アートの街と言われています。冬はとても寒いモントリオール。冬の間は屋内でできるインドアアクティビティーとして、美術館めぐりもおすすめですよ。

今回は、モントリオールのおすすめの美術館やユニークな建築物と、お得なミュージアム・パスをご紹介します。

Montreal Museums passes(モントリオール・ミュージアムス・パス)とは?

引用元:http://museesmontreal.org/en/passes/the-passes
image by:http://museesmontreal.org/en/passes/the-passes

モントリオールには、Museums pass(ミュージアム・パス)というお得なパスがあります。46もの美術館や博物館植物園などを含む施設を自由に見て周れる3日間のパスです。年間パスもありますが、観光で来る方は3日間パスで十分ですね。

このパスはオンラインで購入するか、モントリオールの観光案内所もしくは、各美術館でも販売しています。

詳しくはこちら:http://museesmontreal.org/en/passes/the-passes

料金や種類を見ていきましょう。

ミュージアム・パス1:3days without public transit(地下鉄・バスなし)

  • 名称:3days without public transit
  • 料金:税込$75(約6,054円)
  • 内容:3日間パス(最初の入場から3週間以内のうちお好きな3日間)
  • 有効期限:購入してから6ヶ月

ミュージアム・パス2:3days with public transit(地下鉄・バス乗り放題付き)

  • 名称:3days with public transit
  • 料金:税込$80(約6,458円)
  • 内容:地下鉄・バス乗り放題付き3日間パス(最初の入場から続けて3日間に限る)
  • 有効期限:購入してから6ヶ月

地下鉄とバスが乗り放題付きのパスは、必ず3日間連続して利用しないといけません。乗り放題なしのパスは連続した日にちでなくても、最初の入場から3週間以内であれば好きな日に利用が可能です。
ただし、月曜日は美術館や施設の休館日なことが多いので気を付けて!

カナダ最古の美術館:モントリオール美術館

モントリオール美術館は、1860年にオープンしたカナダで1番古い美術館と言われています。神殿のような佇まいの旧館と、道を挟んで向かい側にはモダンな造りの新館が建っています。旧館と新館は地下で繋がっており移動がしやすく、特に冬は外に出ずとも自由に行き来できて便利です。カナダやケベックの美術を中心に、絵画、彫刻、写真、インテリアなどの3万点にも及ぶコレクションは見ものです。

入場料は常設展(常時設置してある展示エリア)で、30歳以下であれば無料もしくは寄付程度で見学ができます。31歳以上の方は$12(約970円)で常時展を見学できます。

一方、企画展(期間やテーマを設けて展示されるエリア)の場合は30歳以下の方は$12で、31歳以上の方は$20(約1,614円)です。企画展の内容によって異なるようです。

モントリオール美術館基本情報

  • 名称:モントリオール美術館(Montreal Museum Of Fine Arts)
  • 住所:1379-1380 Rue Sherbrooke O.
  • アクセス:地下鉄Peel駅かGuy-Concordia駅から徒歩10分
  • 電話番号:(514)285-2000
  • 料金: 【企画展】31歳以上$20/30歳以下$12/ミュージアム・パス利用可
  • 営業時間:火〜金・11:00〜17:00、土日・10:00〜17:00/月曜休み
  • 公式サイト:https://www.mbam.qc.ca/en/

カナダで唯一の現代アート美術展:モントリオール現代美術館

モントリオール現代美術館は、カナダで唯一のコンテンポラリー・アート(現代美術)の美術館です。カナダやケベックのアートのみならず、世界各国のから収集された作品が展示されています。

また、この美術館自体は小さいですが、地下鉄メトロのPlace des arts駅(プラス・デ・ザー)とも直結している複合施設です。カフェや劇場も併設されています。外のエリアにもおしゃれな広場やモニュメントがあり、美術館だけでなく全体的に見てまわることをおすすめします。

モントリオール現代美術館の基本情報

  • 名称:モントリオール現代美術館(Musée d’art contemporain de Montréal)
  • 住所:185, rue Sainte-Catherine Ouest Montréal, QC
  • アクセス:地下鉄Place des arts駅直結
  • 電話番号:(514)847-6226
  • 料金:大人$15/60歳以上$10/学生$7 /ミュージアム・パス利用可
  • 営業時間:月曜休み/火11:00〜18:00/水〜金11:00〜17:00/土日10:00〜18:00(シーズンに異なる)
  • 公式サイト:https://macm.org

お子様連れにおすすめ:モントリオール・サイエンスセンター

モントリオール・サイエンスセンターはいわゆる科学館で、科学やテクノロジーを楽しく学べる体験型の博物館です。特に子供連れの方に人気があります。

モントリオールの旧市街(Old Montreal)のエリアに位置し、施設の中には映画館が併設されており、3Dの映像を楽しむこともできます。そのほかプラネタリウムも見ることもできますよ。

モントリオール・サイエンス・センター基本情報

引用元:https://www.centredessciencesdemontreal.com/
image by:https://www.centredessciencesdemontreal.com/
  • 名称:モントリオール・サイエンス・センター(Centre des sciences de Montréal)
  • 住所:2 Rue de la Commune O, Montréal, QC H2Y 4B2 カナダ
  • アクセス:地下鉄Place des arts駅から徒歩15分
  • 電話番号:(514)-496-4724
  • 料金:大人$15/ユース13歳〜17歳$13/子供$8.50/ミュージアム・パス利用可
  • 営業時間:(月曜休み)火〜金9:00〜16:00/土日10:00〜17:00
  • 公式サイト:https://www.centredessciencesdemontreal.com

建築好きにはたまらない:Habitat 67(アビタ67)

Habitat67(アビタ67)は、1967年のモントリオール万博の一環として作られたユニークな建築物です。これはサンローラン川沿いにある集合住宅で、実際に一般の人が暮らしています。四角のBOXを何段にも積み上げたような特徴のある建物で目を引くため、建築やアート好きにはたまらない建築物です。

Habitat67は、モントリオール旧市街(Old Montreal)からサンローラン川を挟んだ向こう岸にあります。アクセス方法は主にバスになります。オレンジラインの地下鉄Square-Victoria–OACI駅からバスに乗り、Pierre-Dupuyというバス停で下車してください。バス停から徒歩約15分で、Habitat67が見えてきます。

特に入場料や見学料はありません。一般の方が住んでいるので、プライバシーを守りつつ外観のみの見学となります。5月〜10月の期間は90分ほどのツアーガイドがあり、中に入ることができるようです。事前にオンラインでチケットを購入する必要があります。

Habitat 67(アビタ67)の基本情報

  • 名称:Habitat 67(アビタ67)
  • 住所:2600 Av Pierre-Dupuy, Montréal, QC H3C 3R6
  • アクセス:地下鉄Square-Victoria–OACI駅からバスで25分とバス停から徒歩15分
  • 料金:外観のみ無料/ツアーガイド$25(約2,018円)
  • 公式サイト:http://habitat67.com

Old Port(旧港)からもよく見えるので、遠くから見るだけでも面白いかもしれませんね。このHabitat67のツアーガイドは、ミュージアム・パス適応外です。

モントリオールのユニークな円形の建物:モンテレーヌ島・バイオスフィア

モントリオール島のすぐ隣に、また小さな島のモンテレーヌ島が浮かんでいます。このモンテレーヌ島は、1967年に開催されたモントリオール万博の会場で、島全体が大きな公園になっています。

万博の名残でさまざまなモニュメントや銅像が点在しており、中でも目を引くのが透明な円形の建物です。これは、バイオスフィア(La Biosphere)といい、水のエコシステムなどを紹介する旧USのパビリオンです。中には展望台もあり、島を一望できるとのこと。ユニークな設計で目を引くデザインなので、建築好きの方に人気の建築物です。

また、モンテレーヌ島の中央にはスチュワート・ミュージアム(Stwart Museum)があります。18世紀にフランス軍とスコットランド軍が駐留していた場所で、フランス軍が使用していた武器や軍服などが展示されています。この博物館も、ミュージアム・パスが利用可能です。

モンテレーヌ島・バイオスフィアの基本情報

  • 名称:バイオスフィア(Biosphere)
  • 住所:160 Chemin du Tour de l’isle, Montréal, QC H3C 4G8
  • アクセス:地下鉄イエローラインJean-Drapeau駅で下車、徒歩3分
  • 電話番号:+1 514-283-5000
  • 料金:大人$12(約968円)/ミュージアム・パス利用可
  • 営業時間:10:00〜17:00/月曜定休日
  • 公式サイト:http://canada.ca

【カナダ観光】アートの街モントリオールで美術館巡り!お得な「ミュージアム・パス」を紹介!まとめ

以上、カナダ観光・アートの街モントリオールで美術館巡りとミュージアム・パスについての紹介でした。モントリオールには、本当にたくさんの美術館や博物館がありますね。恥ずかしながら、アートや美術にあまり興味のなかったわたしですが、「ミュージアム・パス」でお得に巡るのもいいな、と思いました。

ミュージアム・パスが利用できる美術館や博物館の確認は、公式サイトかこちらのサイトでご確認ください→MTL:https://www.mtl.org/en

夏は街中を単純に歩くだけでも、壁面のグラフィックアートやストリートアートフェスティバスバルで楽しめそうです。

特に「冬に外に出たくない」という人は、ミュージアム・パスを使ってインドアで楽しめる美術館めぐりおすすめです繰り返しになりますが、美術館や施設は月曜休みが多いのでご注意ください。

▼合わせて読みたい

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link