【カナダ】モントリオールの行き方・格安のおすすめエアラインを紹介!

カナダ・モントリオール

sponsored link


モントリオールへ行きたいけど、なるべく航空券は10万円前後に抑えたい。航空券の相場は?どんな行き方が一番手頃なんだろう?

航空券はとても大きい買い物の1つですよね。わたしもモントリオールに行くときは、必死こいて安いチケットを探します。

国際線の航空券となると、かなり大きな出費ですよね。しかし、シーズン・エアラインによって、料金は大きく異なります。

今回は、何度もモントリオールに訪れているわたしの、おすすめの航空券の見つけ方やエアラインなど紹介しようと思います!

モントリオールへの直行便

日本からモントリオールに行くには、直行便と乗り継ぎ便の2択があります。まずはそれぞれの相場と、メリット・デメリットを解説していきます。

モントルオールへの直行便は、2018年の6月から就航された、まだ新しい路線です!

成田空港から夏の期間は1日1本の定期便が出ています。

相場はシーズンにもよりますが、往復で約11万円〜16万円ほどします。エア・カナダが運行しており、飛行時間は約13時間です。

直行便は、今のところ成田空港からのみです。

また、冬期の10月28日〜3月28日は週3回に便が減るので、注意してください。4月、5月もフライトスケジュールが若干異なります。1日1便運行しているのは、夏期の6月1日〜10月27日までです。

詳しくは、エア・カナダのウェブサイトで確認しましょう。

エア・カナダ:https://www.aircanada.com

モントリオールへの直行便の基本情報


  • 路線:成田空港(NRT)→モントリオール空港(YUL)
  • 航空会社:エア・カナダ(Air Canada)
  • 加盟航空連合:スターアライアンス
  • 便名:AC0006
  • 時刻:成田17:30発/モントリオール16:45着(夏期)
  • 国際線第1ターミナルより出発
  • 相場:11万円〜16万円
  • 公式サイト:https://www.aircanada.com/

夏のダイヤ:6月1日〜10月27日まで1日1便

冬のダイヤ:10月28日〜3月28日まで週3便

※成田空港からは、水・金・日の週3便。モントリオール空港からは、火・木・土の週3便。4月、5月は曜日が異なることも。

フライトスケジュールは突然変更になることもあります。詳しくはエア・カナダの公式サイトを要確認。

直行便のメリット

  • 乗り継ぎがないので最短で快適
  • 乗り継ぎ遅れの心配がない
  • 安いと10万円代もたまにある
  • 手続きが簡単

直行便のデメリット

  • 乗り継ぎ便に比べて航空券が割高
  • 成田空港からしか就航してない(2019年現在)
  • 冬は週3便に減る、選択肢が減る

▼合わせて読みたい

モントリオールへの乗り継ぎ便

モントリオールへは乗り継ぎで行くこともできます。

主な乗り継ぎの経由地は、アメリカ、カナダのバンクーバーやトロントになります。また、北京経由で行くこともでき、選択肢はさまざまです。

乗り継ぎ便は直行便に比べて、航空券が安いことが大きなメリットです。航空券の相場はエアラインにもよりますが、6万円〜12万円です。

飛行時間は乗り継ぎを含めると、20時間を超えることが多いです。

乗り継ぎ便のメリット

  • 航空券が安く節約できる
  • マイルが貯まりやすい
  • 別の空港の観光やツアーに参加できる
  • 無料のホテルが提供される(エアラインによる)

乗り継ぎ便のデメリット

  • とにかく時間がかかり、疲れる
  • 乗り継ぎに間に合わないこともある

直行便も乗り継ぎ便も、それなりにメリット・デメリットがありますね。とにかく安さを求めるなら、乗り継ぎ便1択です

しかしながら、お子様やご高齢の同行者がいる場合は、やっぱり直行便がいいですね。

わたしは安さ重視なので、いつも乗り継ぎ便でモントリオールに行きます。でも優雅に直行便に乗りたいのが本音(笑)

格安!モントリオール行きのおすすめのエアラインは?

モントリオールへの直行便はエア・カナダですが、乗り継ぎ便はどんなエアラインの選択肢があるのでしょうか?

多々あるなか、その中でも格安のエアラインを2つピックアップしてみました!

安定のデルタ航空(7万円〜)

デルタ航空はアメリカの航空会社で、アメリカを経由してモントリオールに行きます。

デトロイトやミネアポリス・セントポール空港が主な経由地です。日本の各主要空港から就航しているので、成田空港、羽田空港、関西空港から出発できます。

航空券の相場は安くて7万円〜とかなり安いのでおすすめです。

デルタ航空の注意点

デルタ航空は、日本から行く場合、経由地のアメリカで荷物の受け取りが必要です。

国際線乗り継ぎで、よく荷物を最終目的地まで預かってくれる、スルーチェックインのサービスがあります。しかし、残念ながらアメリカの場合は経由地の空港で荷物を受け取り、再度をチェックインしなければいけません。

そのため、乗り継ぎ時間が少ないと、次の便に間に合わない可能性もありますので注意してください。少なくとも乗り継ぎ時間が3時間以上ある便を予約しましょう。

アメリカでは乗り継ぎでも、ESTAの申請が必要なので、これも忘れずに!!ネットから10分もあればできます!出発の72時間前には申請をしておく必要があります。

圧倒的安さのエア・チャイナ(6万円〜)

エア・チャイナは、主に北京経由でモントリオールまで行きます。成田空港・羽田空港・関西空港から就航しています。

とにかく安さ重視の方におすすめです。安すぎて心配になりそうですが、機内のサービスなどはほかの航空会社と変わらず、快適ですよ。

▼合わせて読みたい

エア・チャイナの注意点

予約した便にもよりますが、行きか帰り、どちらかの乗り継ぎ時間がとても長いことがあります。23時間待ちなんてことも・・・。

しかし、そういった長い乗り継ぎがある人のために、エア・チャイナは無料のホテルを提供しています。事前にホテルの予約が必要で、数にも限りがあるので早めに行うことが大切です。

また、長時間の乗り継ぎ時間の他にも注意したいのが、「英語があまり通じない」という点です。北京空港は大きな国際空港ですが、驚いたことに英語が話せるスタッフはほとんどいませんでした。

さらに中国ではネット規制が厳しいため、ラインなどのSNSやグーグルのサービスが使えません。ホテルでも少し不便かも・・・。

格安が売りのエア・チャイナですが、海外旅行初心者にはちょっと厳しいかもしれません。

モントリオール行き格安航空券をゲットするコツ!

そもそもどうやって安いチケットを手に入れればいいのでしょうか?航空会社の公式サイトや、旅行代理店から購入する人もいると思います。

しかし、ネットからすぐスマホ1つで検索、購入ができるのです。おすすめのアプリを紹介します。

スカイスキャナーで探す

スカイスキャナーは、国内、海外の格安航空券比較アプリです。とても見やすくて使いやすいので、どのアプリか迷ったらとりあえずスカイスキャナーがおすすめです。

安い航空券を見つけたら、そこからすぐ購入へ進めます。

【注意】早めに予約と購入、でも慎重に!

格安航空券は、予約の時期によって価格が大きく変わります。予約が早ければ早いほど、安い場合が多いです。出発の半年前や、2ヶ月前などに予約、購入することができます。

出発日が迫ってからだと、なかなか安い航空券は購入できません。日にちが決定しているのであれば、早めに予約と購入を済ませましょう。

安い航空券はすぐ売れてしまいます。

しかしながら注意したいのが、日にちの間違えや到着空港などの確認です。

1度航空券の支払いを済ませると、ほとんどの場合変更や払い戻しに、大きな手数料がかかります。やり直しはなかなか効かないので、基本的な名前の入力ミスや日にち、目的地などに間違えがないか再度確認した方がいいでしょう。

【カナダ】モントリオールの行き方・格安のおすすめエアラインを紹介!まとめ

以上、モントリオールの行き方、格安のおすすめエアラインの紹介でした。

正直お金があるなら、直行便で行きたいですよね。(笑)

でもなるべく節約したいのも事実。実は私自身、直行便はあまり乗ったことがありません。乗り継ぎは疲れるし、時間もかかりますが、上記で紹介したメリットもあります。いろんな空港を歩き回るのも楽しいですよね。

また、乗り継ぎでいろいろな飛行機に乗ると、マイルもかなり貯まります!直行便より貯まることの方が多いので、マイルを貯めてない方はこれを機に貯めてみてはいかがでしょう?

優雅に直行便で行くか、乗り継ぎで安さを重視、かつマイルを稼ぐか、あなたはどっち??

▼合わせて読みたい

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

▼よかったらポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link