Montrealに留学を考えてる人へ〜フランス語が話せなくてもOK!〜

ENGLISH

sponsored link



モントリオールにワーホリ、英語留学したい。でもやっぱりモントリオールはフランス語ができないとダメ?英語だけで生活できる?

フランス語ができなくても、生活に困ることはありません。ほとんどの場合英語も通じます。でもあくまでフランス語圏なので、英語が通じない人もたまにいますよ。

短期間の英語留学であれば、問題ありません。わたしはモントリオールにワーホリしました。フランス語ではなく、英語の勉強のためです。結果、モントリオールにしてよかったと思っています。

今回はモントリオールにしてよかった理由や、英語とフランス語の比率について紹介します。

モントリオールで英語を学ぶのはアリ?

「カナダなのにフランス語圏、でも英語も通じる」という情報を聞いて、モントリオールを選びました。実際モントリオールでは、英語はほとんど通じました。

わたしがモントルオールを選んだ理由▷https://suzu-montreal.com/working-holiday

モントリオールには英語の語学学校がたくさんあります。フランス語の学校より比率が多いように感じるほどです。モントリオールの語学学校では、南米から英語を勉強しにくる人がたくさんいます。生徒の割合では、アジア人は少ないです。

英語を勉強している学生同士で、外国人の友達もたくさんできます日本人は少ないので、英語環境は作りやすいです。英語留学するなら、モントリオールは実は穴場です。

モントリオールでよかった理由

フランス語圏のモントリオール。しかし英語も通じるし生活には困らない、とよく言われます。実はモントリオールは英語学習に最適なんです。その理由はなんでしょうか?

理由1:みんなバイリンガル

モントリオールで生まれ育った人たちは、英語とフランス語のバイリンガルなことが多いです。英語とフランス語の得意・不得意の偏りがある人もいますが、ほとんどの人が上手に2ヶ国語を使い分けてます。そのため、モントリオールに来て、英語が通じないというのはむしろ珍しいかもしれません。

モントリオールの特にダウンタウンでは、「ボンジュールハイ!」という挨拶がよく使われています。これにフランス語で「ボンジュール」と返せば、フランス語対応になります。逆に「ハイ」と返せば英語対応をしてくれます。

バイリンガル都市のモントリオールの独特の挨拶ですね。わたしは調子に乗って「ボンジュール」と言ったら、フランス語対応されてあわあわした思い出があります(笑)

理由2:英語圏がある

「モントリオールはフランス語圏でしょう?」その通り、フランス語圏です!英語圏がある、というのは少し語弊があります。厳密に言うと、モントリオールには、英語が主体の地域があるのです。この地域に英語学習者や、移民の人たちが住んでいることが多いです。

ダウンタウン(中心地)を境に、西側が英語話者が多い地域になります。ここでは現地の人でも、むしろフランス語が話せないという人もいます

理由3:日本人が少ない

やはり、ワーホリや留学でモントリオールを選ぶ人はとても少ないです。日本人同士で固まってしまう、日本語で話してしまうのを心配する人がいると思います。モントリオールでは、日本人に会うことがあまりありません。英語環境はとても作りやすいでしょう。むしろ日本人の友達を作る方が、難しいかもしれません。

モントリオールに来る日本人の方は、ストイックで自立している人が多いように思います。

フランス語ができないと困ること

英語も通じるとはいえ、フランス語圏のモントリオール。生活にはさほど困りませんが、ちょっとしたことで「フランス語が話せたら」と思うことがあります。

地下鉄のアナウンスがわからない

これは、現地に行ってすぐにぶち当たる問題です。モントリオールは地下鉄が発達していて、交通手段はほぼ地下鉄と言っても過言ではありません。そこで、流れるアナウンスはフランス語のみ。地下鉄が遅れていたり、運休していたりといった情報が聞き取れません。モントリオールが長くなると、「遅れてるんだな」と察しがつくのですが、最初は全くわからないものです。近くの人に確認する必要があります。

地名や駅の名前が読めない

当たり前ですが、地名や駅は全てフランス語です。最初は地下鉄の駅名もなんて読むのかもわからない、なんてことがあります。自分が住んでいる住所もフランス語のため、なんて読むのか発音するのかよくわからない。

タクシーを電話で頼む時に、フランス語の地名が読めなくて困りました。自分のアパートの住所くらい、言えるようになった方がいいですね!(笑)

仕事探しが難しい

短期留学で来ている学生の人は、問題ではないかもしれません。しかし、ワーホリで仕事探しを考えている人は、フランス語が話せないと結構大変です。仕事ととなると、フランス語を求められることが多くなります。フランス語が話せないと、できる仕事の幅が狭くなります。

でも日本食レストランだったら、結構すぐに仕事が見つかります。日本に関わるビジネスの場合、フランス語は必須でないことが多いです。

トリリンガルになるのは難しい?

モントリオールはバイリンガル都市と呼ばれています。英語と一緒に、フランス語も勉強してみようと思う人もいるのではないでしょうか?日本語、英語、フランス語のトリリンガルになれたら、確かにかっこいいですよね。

でも実際は、かなり難しいです。英語留学で新しい生活に慣れることや、英語の勉強で手一杯な時に、フランス語まで勉強なんて正直できません。2つの言語を同時に習得するのは至難の業です。

確かに、ちょっとした挨拶やフレーズは覚えられます。しかしちゃんと勉強したいのであれば、どちらかの言語に集中して学ぶ必要があります。そうでなければどちらも中途半端になってしまう可能性が高いです。

でもフランス語も勉強したい

「せっかくモントリオールにいるなら、フランス語もかじっておきたい」と思う人もきっといるはず。

ちなみにわたしもそうでした。フランス語の参考書まで持って行きましたが、全然勉強できずに終わりました。

モントリオールでは、無料のフランス語レッスンなども行なっています。移民の人に向けに行なっているサービスでもあるし、英語の語学学校で行なっている場合もあります。語学学校の場合は、ワーホリや留学生でも無料の授業が受けれます。

実際この無料のレッスンを数回受けただけでは、フランス語の取得は難しいです。「英語学習の息抜き」や「せっかくだからフランス語もかじりたい」という人におすすめです。

フランス語と英語の割合

モントリオールには、フランス語が主体の地域と、英語が主体の地域があります。これがモントリオールがバイリンガル都市と言われる理由です。モントリオールのダウンタウンを境に、東はフランス語、西は英語と大まかに別れています。しかし、その割合はきれいに半分ではなく、フランス語の比率が多いです。7割はフランス語を母国語としている人たちです。

英語を学ぶなら

英語を勉強しにモントリオールに来ているのであれば、英語環境を作ることが大切です。住む場所や、仕事を探す場所は、英語主体のエリアを選ぶのがおすすめです。おすすめの地域は、中心地のダウンタウン、Westmount(ウエストマウント)、少し郊外のWestisland(ウエストアイランド)などです。

地下鉄の駅でいうと、西側のオレンジラインPlace-Saint-HenriからCote-Vertuまでのあたりは英語の比率が高いです。また、グリーンラインのMcGillからAngrignonまでのあたりもおすすめです。英語を学ぶのであれば、友達や場所も英語で固めて、英語環境を作りましょう。

まとめ

モントリオールではフランス語なしでも生活できますよ、というお話でした。「英語は通じるか?」「フランス語話せなくても大丈夫か?」不安だと思いますが、案外大丈夫です。英語学習に来ている人は、本当にたくさんいます。一度来てみないとわからないものです。合わないな、と思ったら別の都市のトロントやオタワに引っ越すのもアリ。

もし、長期的にモントリオールに生活するのであれば、現地のフランス語を学ぶことをおすすめします。フランス語が話せれば、仕事の選択肢も広がります。現地の人との交友関係も広がるでしょう。トリリンガルも長期的に頑張れば、不可能ではありません。

ワーホリや留学を予定している人の不安が、
少しでも解消されれば幸いです!

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

↓ほかのブロガーさんもチェックできますよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link