【コロナ差別】給付金10万円は皆が受け取るべき理由

THOUGHTS

sponsored link


新型コロナウイルスにより経済が低迷する中、やっと日本の政府が「1人一律10万円の給付」を決定。

しかしいまだに「給付金10万円」の政策に不満がある人や、生活保護受給者や在留外国人に対して、対象を除外すべきとの声も耳にします。

私を含め、困難な状況になると人の本性が見える。コロナウイルスによって人の心の闇が見えてきます。

今回は、新型コロナの10万円の給付金に対する私の意見と、人の心の心理についてまとめました。

給付金10万円をめぐる意見のぶつかり合い

1人一律10万円の給付がに対する意見でこのような主張がありました。

・「経済的に困っていない人は辞退するべき」

・「実害のない生活保護を受けている人は必要ない」

・「年金受給者も必要ない」

・「外国人は自国に助けを求めるべき」

などなど。

確かに経済的に余裕がある人は、10万もらってもなんてことないかもしれませんね。

国会議員の中でも辞退する人がいるようです。

しかし、私はみんなが受け取るべきと思っています。

みんなが受け取るべき理由

今回のコロナウイルスで経済的、精神的にダメージのなかった人はいないと思います。

富裕層だろうが、貧困層だろうが、ダメージの大きさは違えどコロナウイルスは影響を与えました。分け隔てなくみんなが被害者です。

たとえ経済的な打撃は少なくとも、外に出れる自由を奪われてるのはみんなが共通しています。

そこで「あの人はお金に困っていない」「あの人は子供がいないのに」「あの人は独り身だから気楽だ」など不毛な言い合いをするべきではないと思います。

みんなが大変。困っていない人なんていない。みんなが早く収束してほしいと願っています。

英語で、

We’re in the same boat.

という言葉があります。

辛い状況や立場の人に、「私も同じ境遇です」という時によく使います。

みんな同じ船に乗る仲間、同じ境遇の中にいる仲間です。

やっと決着してできた「一人に分け隔てなく給付する」この10万円の政策を、「あの人は必要ない」「自分は経済的に困ってないから要らない」と言うことで一体感を削ぐのはどうかと考えるわけです。

お金に困ってない人は、給付金を受け取った上で寄付や募金、経済を少しでも回すために消費することもできるはずです。

新型コロナウイルスで見えてきた人の心の闇

という私も、新型コロナの影響を経済的にも精神的にも受けている1人です。心も不安定になり、上に書いたような気持ちになるまで時間がかかりました。

自分の精神が不安定だと、人に優しくするのも難しくなりますよね。

私も当初は「生活保護受給者は経済的な実害はないし、給付する必要はないのでは?」と考えていました。

しかし生活保護を受けている人はそもそもかなり大変な生活をしているし、コロナの影響で行動も制限されている。モノを購入する際に消費税も当然支払っている。

今のこの状況で被害を受けていない人はいないという、意見に落ち着きました。

コロナで暴かれた差別意識

悲しいことに、コロナウイルスによって差別される話をたくさん耳にします。

世界では、コロナウイルスの発生源が中国ということでアジア人差別も起こっています。

日本では、中国人や外国人を差別する人も増加しているようです。

一方中国では、ウイルスが発生したと言われる武漢の人に対する差別もある。

日本でも今現在、コロナにかかった人、その家族、医療従事者に対する差別が起こっています。

ウイルスによる不安やイラだちを、誰かにぶつけたい、誰かのせいにしたい気持ちが働くためです。そのネガティブな気持ちは、ウイルスと一緒で人から人に移っていく負のスパイラルです。

ただただ批判したり、悪口を言うのは生産的ではありません。

最終的に向き合わなければいけない最大の敵は「ウイルス」ではなく、「人間同士」になることもありえます。

「みんなでこの状況を乗り越えよう」と考えないと「人」対「ウイルス」から「人」対「人」に変わってしまいます。

「過度な期待」国に頼りすぎるのは危険

こんなときだからこそ、国にリーダーシップをとって欲しいところです。

世界の先進国が前例のない斬新な対策に踏み切る中、日本は「とりあえず12,000円以上の給付金を検討」というところから始まりました。日本国民全員が総ツッコミしましたね。

そこから右往左往しながら、今の「1人一律10万円」にたどり着いたわけです。

今回の件で、「国に頼るのは危険」だと思い知りました。

なんでもそうですが、何かに頼るすぎるのはよくない。

国や政府、会社でもなんでも、最初からそれに頼りきってしまう、なんとかしてくれるだろうという姿勢は危険です。

今から自分でできることを考える

日本の政治の不甲斐なさは今に始まったことではありません。1世帯にマスク2枚配布するという謎の政策で失望した人も多いはず。

おそらくこれからも10万円だけもらってそれでおしまいの可能性も高いです。将来の年金も、もらえるかわかりません。

今から自分でできることを考えましょう。

コロナ不況で、家にいる間は爪を研ぐ時間と考える。

・在宅でできる副業を探して収入を増やす

・好条件の転職するために資格を取る・勉強する

・固定費を見直して支出を抑える

・株や投資の勉強をする・やってみる

などなど。

不甲斐ない国や政府に期待するより、自分からできること、将来のために今やるべきことを実行した方がいいです。

▼参考記事

【女性に最適】未経験・初心者でもWebライターをやるべき5つの理由

休日を有意義に過ごすためのコツ「自己コントロール感」とは【幸福度アップ】

10万円の使い道「とりあえず貯金でもOK」

受け取った10万円を何に使いますか?

貯金すると経済が回らないから、商品券にすべきだの電子マネーにすべきだの、いろいろな議論がありました。

私はとりあえず今は貯金でもいいと思っています。

なぜならそもそも今コロナで外出制限もされている中、消費できるものは限られているからです。外に出れない、旅行にも行けないので、何かモノを買うか、生活費に消えるかのどちらかです。

今のこの状況で経済を回すことがそもそも無理。

あえて必要ないモノは買わなくていいと思いますし、この際貯金しておくのがいいと個人的に思います。

そしてコロナが収束したら、とっておいたお金で旅行やレジャーを楽しむ。ここでやっと経済が回るのだと思います。

何か消費しなきゃ、経済効果に貢献しなきゃと、無理にお金を使う必要は今ありません。

【コロナ差別】給付金10万円は皆が受け取るべき理由まとめ

以上、給付金10万円はみんなが受け取るべき理由の私なりの意見でした。

私には、外国人の夫がいてコロナの影響で日本とカナダで離ればなれです。将来的には日本で一緒に生活する予定ですが、いつになるか不安な日々を過ごしています。

今回、「外国人は給付金の対象から外すべき」の意見を見て心底残念な気持ちになりました。

自分が外国に住んでいて、働いて、同じように税金も納めているのに、こんな状況で自国に帰れと言われたらきっと絶望する。

足の引っ張り合いをするのではなく、「みんな同じ人間、同じ被害者で、一緒に乗り越えよう」という気持ちになれたらどんなにいいかと考えます。

とにかくみんなが平等に10万円もらって、そこからできることを考えましょう。

The following two tabs change content below.
フィリピン留学・1年と半年のカナダワーホリ(モントリオール・バンクーバー)ののちに、国際結婚。配偶者ビザを取得して、カナダ人の夫と日本で生活予定。現在、国際遠距離恋愛4年目。 日本で仕事しながら、留学・ワーホリ・語学学習・カナダ観光情報・国際結婚などについてブログを書いています。そのほかWebライターの仕事もしています。 記事の執筆依頼は、お問い合わせからお願い致します。

いつもありがとうございます。

▽ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

ホームへ戻る

sponsored link