ワーホリの国と都市選び〜モントリオールを選んだ理由〜

Montreal

sponsored link



ワーキングホリデーでカナダに行きたいけど、どの都市にしようか迷ってる。モントリオールが気になるけど、フランス語圏だし不安・・・。

わたしはワーキングホリデーで、カナダのモントリオールに行きました。「なんでモントリオールにしたの?」とよく聞かれるのですが、

「とりあえずみんなが行かなそうなユニークな都市に行きたい」

というのが実は1番の理由でした(笑)

カナダのモントリオールはフランス語圏。少し異彩を放っているのがわたしには魅力的でした。そのため、ワーキングホリデーで人気な王道の都市、バンクーバーやトロントは選択肢にありませんでした。

今回は、モントリオールに決めた詳しい理由と、モントリオールでワーキングホリデーをする、メリット・デメリットなど解説していきます。

そもそもワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーは、18歳〜30歳までの若者が申請できるビザです。日本と協定を結んでいる国同士で、異文化に触れながら休暇を楽しむことを目的としている制度です。このワーキングホリデー制度を利用すれば、国にもよりますが、仕事や勉強をしながら1年間滞在することができます。

このワーキングホリデーは度々、「ワーホリ」といって省略されることが多いですが、正式にはワーキング・ホリデーです。

ワーキングホリデーで行ける国は、いくつあるのでしょうか?

ワーホリで行ける国はなんと23ヶ国!

日本とワーホリの協定を結んでいる国は以下の23ヶ国です。(2019年4月現在)

オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アイルランド・フランス・スペイン・ドイツ・オーストリア・スロバキア・デンマーク・ノルウェー・ハンガリー・ポーランド・ポルトガル・チェコ・アイスランド・リトアニア・韓国・台湾・香港・アルゼンチン・チリ

できることなら18歳に戻って23ヶ国制覇したいです・・・。今はアイスランドが気になる。

行き先を決める前に

ワーホリすると決めたら、行き先、どの国に行こうか考えはじめると思いますが、まず目的を決めることも大事です。海外で1年間住むとなると、たくさんのお金がかかります。お金をかけて行くからには、意味のあるものにしたいですよね?

あなたがワーホリに行く目的は何ですか?それによってワーホリ先の国も違ってきます。

語学を学ぶ

語学学習のため、という人が1番多いのではないでしょうか?英語、フランス語、スペイン語、中国語、学びたい言語で国を選ぶのが1番手っとり早いです。

その中でも、英語を勉強するという人はたくさんいます。わたしも英語が話せるようになりたくて、ワーホリに行きました。

目的は人それぞれ

わたしは、1年間海外で仕事しながら英語を習得したい!とやる気満々でした。その一方、ワーホリで出会った日本人の中には、単純にバケーションで来た人や、親にイヤイヤ強制された、なんて人もいました。誰しも、ちゃんとした目標や目的が必ずあるわけではないですし、それでもOK。

そもそもワーホリはバケーションが目的だしね。ワークとホリデー、どちらに重点を置くかはあなた次第。

目的は人それぞれ違って当たり前ですが、目的が明確にあると、国や都市選びの選択肢は絞られてきます。また、いざ現地に着いてからも行動しやすいです。

わたしのワーホリの目的は、主に以下の2点でした。

  1. 1年で会話に困らないくらいの英語を習得する
  2. 海外のホテルで働く

かなり漠然としてましたね。でもどちらも無事に達成できました。ざっくりとしてても大丈夫!

カナダで人気の都市は?

カナダでワーホリ先として人気の都市と言えば、バンクーバーとトロントです。私見ですが、カナダにワーホリで行く人の70%はこの2つの都市です。日本人もたくさんいるので、仕事も見つけやすく、日本人向けのサービスも充実しています。

ほかにも、カルガリー、ビクトリア、モントリオールなどの都市も人気です。上記の2つの都市に比べ、日本人が少ないですが、逆にそこが利点でもあります。

モントリオールに決めた理由

わたしは悩んだ結果、モントリオールに決めました。英語学習が目的のワーホリでしたが、モントリオールはフランス語圏。わたしがなぜモントリオールにしたのか、理由は主に4つありました。

  1. 日本人が少ない英語環境
  2. 英語も通じるバイリンガル都市
  3. 都市移動するつもりだった
  4. ユニークな都市に行きたかった

わたしはカナダにワーホリに行く前、フィリピンに短期留学していました。そこで英語の基礎を学びましたが、日本人がたくさんいる環境でした。英語に集中したいと思いながらも、友達はみんな日本人、授業以外は日本語を話しまくる自分に、嫌気がさしてました。ワーホリでは、あえて難しい環境に身を置くことにしたのです。

当初の計画:バンフのホテルで働く

日本人の少ない英語環境とはいえ、モントリオールはフランス語圏。仕事探しは難しいだろうと考えていました。そのため、3ヶ月だけ語学学校に通い、そのあとはバンフというカナダの観光地のホテルで働く予定だったのです。モントリオールに決めたのも、都市に引っ越すことありきでした。

ところが、モントリオールに着いてから気が変わってしまったわたし。ヨーロッパのような可愛い街並みが本当に素敵でした。悩んだ結果、3ヶ月経った後もモントリオールに住む選択をしたのです。それくらい、わたしにとってモントリオールは魅力的でした。しかし当初の計画は白紙に・・・。何が起こるかわかりませんね。

結局、モントリオールにはそのとき8ヶ月ほど生活しました。実際に住んでみて、どんなメリット・デメリットがあったのでしょう?

モントリオールのメリット・デメリット

ここでは、モントリオールに英語学習にくるときのメリット・デメリットを紹介していきます。フランス語学習の場合は、また違った答えになるので、あくまで英語学習者向けです。

メリット

英語学習としての環境

英語学習するなら、なんら全く問題ありません。フランス語圏でありながら、ほとんどの人が英語も話します。英語の語学学校も豊富にありますが、日本人が少ないので授業が日本人だらけなんてことはありません。英語環境として最適です。

英語を勉強しているカナダ人がいる

フランス語圏のモントリオールでは、英語があまり得意でないカナダ人もいます。フランス語を主に話すので、カナダ人が英語を勉強している場合もあります。英語のミートアップや英会話クラブがあると、日本人だらけなんてことはザラですが、モントリオールでは逆にカナダ人の方が多いかもしれません。他の都市ではありえないですね。

日本文化に興味がある人が多い

モントリオールでは、嬉しいことに日本に好意的な人がたくさんいました。英語のミートアップに行ったのに、日本語を勉強したいという人がたくさんいて、わたしのテーブルだけ日本語クラブみたいになったこともあります。アジア系の人たちは、ベトナムや中国人がほとんどで、日本人は珍しく思われることがあります。日本つながりで、友達は比較的に作りやすいです。

デメリット

やっぱりフランス語圏

これはもう当たり前ですが、モントリオールの公用語はフランス語です。看板から駅のアナウンスまで全てフランス語。フランス語が話せないと、不便な部分もあります。また、英語ばかり話していると、よく思わない人も中にはいるものです。

モントリオールに今後も移住予定であれば、その土地の言語をやはり学ぶべきですね。

日本人向けのサービスがない

例えば、銀行口座を開設するときや携帯電話を契約するときです。バンクーバーやトロントは、日本語話せるスタッフが在中しており、日本語対応サービスがあります。残念ながら、モントリオールにはありません。自力で行う必要があります。

仕事探しは他都市より難易度高め

英語学習では問題ないですが、仕事となるとどうしてもフランス語を求められます。英語と並行してフランス語を勉強することもできますが、2つの言語を同時に勉強するのは大変なことです。モントリオールで仕事を探すのであれば、日本食レストランで働くのが現実的です。

日本食レストランではなく、ホテルやデスクワークなどを希望の人は、他の都市で仕事を探した方が無難です。

まとめ

モントリオールに長く生活していましたが、そのあとバンクーバーでも5ヶ月ほど生活していました。1つの都市に留まるのもいいですが、思いきって別の都市に行くといろいろな発見があります。

西のバンクーバーと、東のモントリオールは同じカナダでありながら、雰囲気も全く違うので、同じ国とは思えないほどです。素敵な都市でそれぞれ生活する経験ができて、本当によかったです。

2つの都市で迷ってる人がいるなら、この際どちらも行ってしまうというのもアリかも?

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

↓ほかのブロガーさんもチェックしてみよう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link