心機一転!カナダワーホリ中の都市移動はアリ?ナシ?

Working holiday

sponsored link



カナダにワーホリ中。自分がしたい仕事がなかなか見つからない。あまり生活も楽しくない。心機一転、別の都市に引っ越そうか迷ってる。

ワーホリも最初は大変だけど、生活に慣れてくるとマンネリ化しちゃう時ありますよね。そんな時は都市移動しちゃってもOK!

「なんか最近パッとしないな〜」とか、「ここは自分には合わないかも」と、思っているなら、別の都市に移動するもの1つの選択肢です。実際私も、ワーホリ中に都市移動をしました。

今回は、ワーホリ中の都市移動について、メリットやデメリットを紹介します。

カナダワーホリで都市移動するメリット

都市移動するメリットは主に以下の4点。

  • 環境を変えることでリフレッシュできる
  • 新しい人間関係を築くことができる
  • カナダの別の都市も知ることができる
  • 新たな土地で仕事の幅が広がる

カナダはとても大きい国なだけあって、東と西で都市の雰囲気は結構違います。ワーホリの1年間ずっと同じに都市に住むのもいいですが、移動してみて気づく違いもたくさんあります。

新しい場所で、また新しい生活を始めるのは、ワクワクしますよね。そこでまた新しく友達もできます。その都市でできる職種も都市によっては広がるため、仕事の選択肢が増えることもあります。

カナダワーホリで都市移動するデメリット

一方で、ワーホリ中に都市移動するデメリットもあります。

  • 費用がかかる(航空券など)
  • 再度住むところ、仕事を探さなければいけない
  • また新しい人間関係を作らなければいけない
  • 上手くいかないリスク
  • ワーホリビザの期限が少ない

せっかくの住み慣れた土地を離れるのは、勇気がいりますね。しかもコストもかかります。アパートや仕事もまた探さないといけません。

また、ワーホリビザの期限も徐々に少なってくると、仕事探しも難しくなります。「移動先で仕事が見つからない」「友達ができない」という、上手くいかないかも、というリスクもあります。

なんだかデメリットに方が多く見える・・・。

ワーホリ中に都市移動する時のポイント

デメリットの方が多いのでは?と思った人もいるハズ。確かに1年しかないワーホリの都市移動は、リスクを伴います。都市移動する時に、気をつけるべきことやポイントがあります。

半年を過ぎてからの都市移動

半年を過ぎてからの都市移動は、あまりおすすめしません。理由は、ワーホリビザの残りが半年を切っているからです。ビザが6ヶ月以上ないと仕事を探すのは困難になります。

そのため、都市移動したいのであれば早めに行うべきです。

事前にアポを取っておこう

ワーホリの貴重な1年を、あえて都市移動するのだから、アパート探しや仕事探しにあまり時間をかけていられません。その都市に移動する前にネットから探したり、事前にアポを取っておきましょう。着いたその日からすぐに、アパートの見学などができるとスムーズです。

仕事探しも働きたいと思った求人に、メールでレジュメを送っておくなど、工夫するといいです。

モントリオールからバンクーバーへ(わたしの場合)

私はモントリオールから、バンクーバーへ移動しました。バンクーバーに都市移動したのは、ホテルの仕事がしたかったからです。フランス語が話せない私は、モントリオールでホテルの仕事を見つけることはできませんでした。バンクーバーに移動しようと決意した時、ビザの残りはすでに5ヶ月ちょっと

ワーホリの目標が、「海外のホテルで仕事する」だったので、どうしても諦めきれませんでした。事前にモントリオールから、バンクーバのアパート見学のアポ取ったり、求人を見たり、電話してみたり・・・。でも実際現地に着いてからが大変でした。

仕事探しは、本当に難しかったです。ビザが少ないという理由で、何度も仕事を断られました。

しかし結果、わたしのやりたかったホテルの仕事をゲット!!わたしの働いていた会社は、ホテルのサービススタッフの人材派遣の会社で、いろんなホテルやレストランで働く貴重な経験ができました。

カナダワーホリ中、都市移動してよかったこと

わたしは本当に「都市移動してよかった」と思ってます。正直、バンクーバーにあまり興味がなく、絶対行くことはないと思っていましたが、実際住んでみると・・・

バンクーバー最高やないかい。

と、なりました。(笑)住んでみないとわからないものですね〜。

よかったこと1:友達

バンクーバーにも、モントリオールにも友達がいるって、もう単純にステキです。ワーホリ後、4年ぶりくらいに両都市に遊びに行きました。現地に友達がいたので、友達の家で遊んだり、車で送ってくれたり、本当に助かりました。都市移動すると、単純に友達が増えますし、移動していなかったら、絶対になかった出会いもあります。

よかったこと2:比較できる

バンクーバーとモントリオールって本当に、両極端な都市です。同じカナダでありながら、全然雰囲気や人も違います。良いところも悪いところも、どちらもあって比較ができます。どちらも魅力的な都市に変わりないので、こんな素敵な都市に、どちらも住む経験ができて、本当によかったです。

よかったこと3:心機一転

なんだか調子が悪い」「思い通りにいかない」なんてことたまにありますよね。それを変えるのは自分自身でありますが、環境を変えてみると、変わるきっかけになることもあります。

都市移動するからには、また1から生活をスタートされなければいけないので、イヤでもたくさん動かなければいけません。そのような状況に自分を追いやると、思わぬ底力を発揮する人もいます。

当時貯金もあまりなかったので、死にもの狂いで仕事を探しました。精神がやられました。(笑)

まとめ

ワーホリ中、都市移動するのは全然アリ!というお話でした。でも都市移動するなら、早めに動こう!ってことです。ビザの残存が半年を切ると仕事が見つかりにくいです。

都市移動を考えてる方や、都市選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

いつもありがとうございます。

\\\\   ランキングに参加しています!  ////

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

sponsored link